2023-12-03

読書

ほんとうのところは、自分や当事者でないと知り得ない。読書メモ510-『流浪の月』

凪良ゆうさんの『流浪の月』を読みました。 新しい人間関係への旅立ちを描く 2020年に本屋大賞を受賞し、2022年には映画化もされた本書。 周囲の人は反対し、批判し、その関係によかれと思って介入する。 それでも…。 そんな新しい人間関係への...