2021-03

雑記

10年がたち思う。あの日が、応援する人生のきっかけだったのかもしれないと。

今年も、3月11日がやってきました。 2011年に発生した東日本大震災から、今日でちょうど10年に。 長く重く、続いた揺れと大きな被害 金曜日だったあの日。会社で仕事をしていたときに、やってきた大きな揺れ。 地震、...
イベント

小さくても、ひとりひとりが「私にできること」を。スターバックスコーヒーの「ハミングバードプログラム」今年も実施中!

スターバックスコーヒーで2012年より実施している「ハミングバード プログラム」 今年も、3月8日からfor TOHOKU & YOUTH ハミングバードプログラムとして実施しています。 若者たちの...
写真

横浜お写んぽ(山下公園~大桟橋)

読書

不安な世の中での日常、感情も誰かの救いに。読書メモ348-『個人的な三月』

植本一子さんの『個人的な三月』を読みました。 不安が蔓延する中、広がる"日記本" 私が本書を読むきっかけとなったのが、2月22日の朝、たまたま見たNHKニュースおはよう日本。 その中の特集「コロナ禍で広がる"日記本"」で...
映画

思いだけではどうにもならない。だけど、なんとかしたい気持ち、持ち続けたい。映画メモ96-『花束みたいな恋をした』

映画『花束みたいな恋をした』を鑑賞しました。 現代に生きる人々を描いた、2人の5年間 本作は、脚本家・坂元裕二さんのオリジナル脚本作品で、主人公の男女による5年間を描いた内容。 坂元さんは、この作品について「憧れでも懐か...
写真

2月のアサソラ、ときどきヒルソラ。

読書

命を燃やせる対象、命を燃やす行為。それ自体が尊い。読書メモ347-『推し、燃ゆ』

宇佐見りんさんの『推し、燃ゆ』を読みました。 私の"背骨"、推すことに人生を注ぐ あるひとりのアイドルを「推す」ことに人生を注いだひとりの女子高生が、主人公。 推しの存在と、"推す"ということ。それは、私の"背骨"である...
サッカー

スタジアム周辺のゴミ拾いから、未来の環境をつくる。ジェフ千葉での「LEADS TO THE OCEAN 海につづくプロジェクト」2021年も活動継続します。

Jリーグクラブのジェフユナイテッド市原・千葉が2018年から参加しているホームゲームの試合終了後の清掃活動LEADS TO THE OCEAN 海につづくプロジェクト 2月28日に開幕した2021シーズンも継続して参加、ホー...
イベント

やりきった!出し切った!と言える1日を増やそう。『超実践型仕事術図鑑』#朝渋読書

今日3月3日の朝は、朝渋の著者イベント『北野唯我が実践する超実践型仕事術図鑑』に参加しました。 この今朝の著者イベントについて振り返りたいと思います。 働く人を応援する、北野唯我さん 今回のゲストは、...
読書

自分が納得する人生を、自分の行動でつくる。読書メモ346-『ライフピボット』

黒田悠介さんの『ライフピボット 縦横無尽に未来を描く 人生100年時代の転身術』を読みました。 きっかけは朝活コミュニティ「朝渋」で2月17日に著者イベントに黒田さんが登壇され、本書を知り読書。 著者イベントのレポートはこちら...
タイトルとURLをコピーしました