映画

映画

ありのままを一度受け容れ、それからどうしたいのかを自分で決める。映画メモ114-『よだかの片想い』

映画『よだかの片想い』を鑑賞しました。 コンプレックスを持ちながらも、自分と向き合う 島本理生さんの小説を原作とし映画化された本作。 顔のあざにコンプレックスを持つ主人公が、とある出会いをきっかけに、自分と向き合っていく...
映画

日々忘れながらも。それでも大切なものを大切にして自分と向き合いながら生きる。映画メモ113-『今夜、世界からこの恋が消えても』

映画『今夜、世界からこの恋が消えても』を鑑賞しました。 一条岬さんの小説を映画化、病と秘密を抱えながらも…。 一条岬さんの小説を原作として実写映画化した本作。 事故によってある時点からの記憶を失ってしまう難病「前向性健忘...
映画

「好き」は人生を彩る、尊いもの。映画メモ112-『メタモルフォーゼの縁側』

映画『メタモルフォーゼの縁側』を鑑賞しました。 鶴谷香央理さんの漫画を映画化、BLがつないだ友情 鶴谷香央理さんの漫画を原作として実写映画化した本作。 17歳の女子高生と夫に先立たれた75歳の女性。この二人をボーイズラブ...
ぐるめも

『ハケンアニメ!』で斎藤監督が好きなもの。原作のそれにも触れ、頑張る自分を応援する力に。

映画『ハケンアニメ!』とエクレアの話を先日、ブログで書きました。 映画を見たときにその作品を象徴するものだったり、劇中に出てくるなにかを購入して作品の余韻に浸りたくなることがあるかと思うという話でした。 劇中で、斎藤瞳...
ぐるめも

エクレアが想い起こす『ハケンアニメ!』。頑張った自分を労い、癒して明日の活力に。

映画を見たとき。 その作品を象徴するものだったり、劇中に出てくるなにかを購入して作品の余韻に浸りたくなることはあるかと思います。 私は最近、コージーコーナーのエクレアを買うことが増えました。 現在上映中の映画『ハケンアニ...
ぐるめも

『ハケンアニメ!』に心動かされた野球好きがおすすめする、秩父の名物グルメ!

現在公開中の映画『ハケンアニメ!』に心を動かされた私。 その『ハケンアニメ!』の劇中アニメ「サウンドバック~奏の石」で舞台となっているのが埼玉県の秩父。 一方で、野球好きであり野球観戦の楽しみを支える人たちを応援し...
映画

アニメ界の頂点を目指す。そこに込められたひとりひとりの想いが胸を熱くする。映画メモ111-『ハケンアニメ!』

映画『ハケンアニメ!』を鑑賞しました。 辻村深月さんの小説を映画化、アニメの頂点を目指して奮闘 辻村深月さんの小説を原作として映画化した本作。 アニメに心を打たれて公務員から転身した新人監督と、その新人監督の憧れの天才監...
映画

自分の想いや信念を大切に、勇気を持って正しいものを選ぶ。映画メモ110-『SING/シング:ネクストステージ』

映画『SING/シング:ネクストステージ』を鑑賞しました。 新たな舞台を切り拓く挑戦 2017年に公開された映画『SING/シング』の続編として公開された本作。 地元の劇場を満員にして人気を得た劇場の支配人と仲間たちの動...
映画

目の前の問題に集中し、自分の人生を自分で生きる。映画メモ109-『マリー・ミー』

映画『マリー・ミー』を鑑賞しました。 予期せぬ出会いからはじまった「超格差婚」 世界的歌姫と、平凡な数学教師。それもたまたまコンサートの観客の中にいた。 そんな予期せぬ出会いからはじまった「超格差婚」を描いたラブストーリ...
映画

「生きる」を改めて考え、問う。映画メモ108-『余命10年』

映画『余命10年』を鑑賞しました。 難病を患いながらも生きる物語 小説家の小坂流加さんが、難病である原発性肺高血圧症を患いながらも生きる様を描いた小説『余命10年』を映画化した本作。 数万人に一人という不治の病を患い、余...
タイトルとURLをコピーしました