映画

映画

変化の時代にも、貫き通した土方歳三の信念。映画メモ103-『燃えよ剣』

映画『燃えよ剣』を鑑賞しました。 私個人的には、2013年10月から毎月1本以上の映画鑑賞を自分のルーティンとしており、この10月で9年目に突入。 このブログでの鑑賞レポも103本目に。 幕末から明治へ、動乱の時代で名を...
映画

登場人物たちの心情に映し出される、今の世の中。お互いを認め合い、生きやすい世の中になることを願いたい。映画メモ102-『竜とそばかすの姫』

映画『竜とそばかすの姫』を鑑賞しました。 インターネット空間の仮想世界が舞台 『未来のミライ』などの細田守監督の新作となるアニメーション作品の本作。 幼いころに母親を亡くして心に傷を抱えた17歳の女子高生が"もうひとつの...
映画

他人に決められたモブキャラとしてではなく、自分の人生を主役として生きる。映画メモ101-『フリー・ガイ』

2013年10月から続けている毎月の鑑賞。今月で連続95ヶ月目。ブログでの映画鑑賞レポートは全開で100本となり、今回で101本目に。 今回は『フリー・ガイ』を鑑賞。 ゲームの世界で、立ち上がるモブキャラ 本作の舞台は、...
映画

それぞれの想いを持ってオリンピックに臨み、道をつくった。そんなテストジャンパーたちの物語。映画メモ100-『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』

映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』を鑑賞しました。 2014年にライブドアブログでブログをはじめ、そこからの映画鑑賞レポートは今回で100本目になりました。 金メダルに導いた、テストジャンパーたち 今から23年前...
映画

ひとりひとりのちがいが尊重されて、はじめて「普通」が一番いいものになる。映画メモ99-『漁港の肉子ちゃん』

映画『漁港の肉子ちゃん』を鑑賞しました。 とある漁港での日常と人間模様 西加奈子さんの小説を、明石家さんまさんの企画・プロデュースにより、アニメ映画化した本作。 お人よしでほれっぽく男にだまされやすい母としっかりした娘が...
映画

広大な大地で、それぞれの人生に触れ、価値観を尊重する。映画メモ98-『ノマドランド』

映画『ノマドランド』を鑑賞しました。 ノマドとして、季節労働の現場を渡り歩く模様を描く 本作の舞台となるのは2010年代前半のアメリカ。 リーマンショックによる企業の倒産で、多くの人が家を失い、遊牧民(ノマド)として季節...
映画

脇役なんかじゃなく、すべてが主役。映画メモ97-『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』

映画『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』を鑑賞しました。 TVドラマを映画化、豪華キャストが大集結! バイプレーヤー、いわゆる「脇役」たちが実名で出演するドラマ『バイプレイヤーズ』。 本作は、そ...
映画

思いだけではどうにもならない。だけど、なんとかしたい気持ち、持ち続けたい。映画メモ96-『花束みたいな恋をした』

映画『花束みたいな恋をした』を鑑賞しました。 現代に生きる人々を描いた、2人の5年間 本作は、脚本家・坂元裕二さんのオリジナル脚本作品で、主人公の男女による5年間を描いた内容。 坂元さんは、この作品について「憧れでも懐か...
映画

悲しみも、苦しみも。なかったことにしない。すべて、生きる糧に。映画メモ95-『朝が来る』

映画『朝が来る』を鑑賞しました。 辻村深月さんの小説を映画化、単館上映で鑑賞 本作は、辻村深月さんの同名小説を河瀨直美監督によって映画化されたヒューマンミステリー作品。 昨年10月23日に全国上映を開始後、一度は全国上映...
映画

学校とは、本来子どものためにあるもの。教育のあり方をあらためて考える一本。映画メモ94『あこがれの空の下~教科書のない小学校の一年~』

映画『あこがれの空の下~教科書のない小学校の一年~』を鑑賞しました。 2021年最初の映画鑑賞となった一本。 ユニークな小学校の日常が舞台のドキュメンタリー 本作の舞台は、東京都世田谷区にある学校法人和光学園 和光小学校...
タイトルとURLをコピーしました