映画

映画

学校とは、本来子どものためにあるもの。教育のあり方をあらためて考える一本。映画メモ94『あこがれの空の下~教科書のない小学校の一年~』

映画『あこがれの空の下~教科書のない小学校の一年~』を鑑賞しました。 2021年最初の映画鑑賞となった一本。 ユニークな小学校の日常が舞台のドキュメンタリー 本作の舞台は、東京都世田谷区にある学校法人和光学園 和光小学校...
映画

ありのままの自分、丸ごと受け入れることが生きる力に。映画メモ93-『STAND BY ME ドラえもん 2』

映画『STAND BY ME ドラえもん 2』を鑑賞しました。 個人的には、2020年最後の映画鑑賞。 大好きなおばあちゃんとの再会、願いを叶えたい思い 本作は、原作コミックの一編「おばあちゃんのおもいで」を基にした、タ...
映画

「普通の人」だけど、そこには1つ1つの人生があって、思いがあって、それでいい。映画メモ92-『君は永遠にそいつらより若い』

10月31日から開催中の東京国際映画祭。 新型コロナウイルスの影響で開催はどうなるのだろうと危惧もされましたが、今年も、第33回目の開催として全10日間さまざまなテーマで世界中から実力の作品が上映されています。 原作は...
映画

なりたい自分になることは大事。それと同時に、人を応援できる人であることも大事。映画メモ91-『浅田家!』

映画『浅田家!』を鑑賞。 浅田政志さんの実話に基づいた、人間ドラマ 三重県津市出身の写真家・浅田政志さんの写真集「浅田家」「アルバムのチカラ」を原案に、実話に基づいて作られた本作。 専門学校時代の課題で家族写真を撮影して...
映画

生きていれば必ず何かにつながる。どんなことがあっても、自分の人生の物語、続けていこう。映画メモ90-『糸』

映画『糸』を鑑賞しました。 中島みゆきさんの「糸」の世界を映画化した一本 本作は、中島みゆきさんの楽曲「糸」を基に、平成元年生まれの男女の13歳からの18年間を映し出した一本。 登場人物それぞれに訪れる変化。平成のはじま...
映画

久々の映画館での映画鑑賞。そこで感じた変化と今後の予感。

新型コロナウイルスの影響もあり、映画館での映画鑑賞をしばらく見合わせていましたが、先日久しぶりに映画館で鑑賞してきました。 そこでの「新しい」映画鑑賞で気づいたことなどをちょっとまとめてみます。 しっかりとした感染対策を取る映...
映画

「小さな社会」での、近くの人間関係を大切に。映画メモ89-『君が世界のはじまり』

映画『君が世界のはじまり』を鑑賞しました。 3月の映画鑑賞以来、久々の映画館での鑑賞。8月1日のファーストデーを利用しました。 大阪の街を舞台にした高校生たちの物語 小説家のふくだももこさんが監督を務めた本作は、ご自身の...
映画

人生の答えは、自分の中にある。映画メモ88-『シーモアさんと、大人のための人生入門』

映画『シーモアさんと、大人のための人生入門』を鑑賞しました。 緊急事態宣言を受けて映画館が休館となった4月にアップリンク・クラウドでの3ヶ月見放題プランを購入。 その中に含まれる作品の1本。見放題期間終了直前の鑑賞...
映画

素晴らしい取り組みの裏にある、支える人たちの存在、尊さ。映画メモ87-『聖者たちの食卓』

映画『聖者たちの食卓』を鑑賞しました。 緊急事態宣言を受けて映画館が休館となる中、4月にアップリンク・クラウドでの3ヶ月見放題プランを購入。 その中に含まれる作品の1本。 「聖なるキッチン」の裏側を淡々と インドの...
映画

今の日本の報道にも通じる状況。伝えることのあり方について考えさせられる1本。映画メモ86-『すべての政府は嘘をつく』

映画『すべての政府は嘘をつく』を鑑賞しました。 緊急事態宣言を受けて映画館が休館となる中、4月にアップリンク・クラウドでの3ヶ月見放題プランを購入。 その中に含まれる作品の1本。 政府と大手メディアの癒着への...
タイトルとURLをコピーしました