ジェフ千葉でもシーズンチケットの払い戻しを含む対応。私は全額払い戻しを選択。自分の考えで自分の選択を。

サッカー

新型コロナウイルスの感染拡大により
例年とは違った形での開催を
強いられた今年のJリーグ。

J2、J3の両リーグから
6月27日に再開されましたが、
しばらくは無観客試合や制限付きの試合開催と
いつも通り、とはいかない見込み。

それに伴い、多くのJリーグクラブで
普段提供できているサービスの
提供もままならない現状。

シーズンチケットの払い戻し

通常、Jリーグの試合の大半は週末に開催され、
1シーズンのホームゲームをすべて観戦できる
シーズンチケットを購入して応援する
サポーターも多いです。

ですが、今回のコロナ禍においては、
スタジアムの座席の使用制限などもあり、
このシーズンチケットも
大きな影響を受けることに。

FC東京が5月13日にシーズンチケットの
全額払い戻しを発表したのを皮切りに、

多くのクラブがシーズンチケットの
扱いについて発表。

ジェフ千葉においても、再開直後および
入場者数制限のある試合においては
シーズンチケットの座席での観戦は
困難と判断し、払い戻しについての
扱いが発表されました。

【再掲載】2020シーズンシートの今後の対応につきまして ⇒ 権利・特典について追記いたしました | チケット | 2020.06 | 新着情報 | ジェフユナイテッド市原・千葉 公式ウェブサイト
いつもジェフユナイテッド市原・千葉にご声援をいただき、誠にありがとうございます。この度、Jリーグでは、新型コロナウイルスの感染拡大及び拡散防止のため、6月27日(土)より2020明治安田生命J2リーグの無観客試合での再開が決定いたしました…

検討の末、全額払い戻しを選択

ジェフのシーズンチケットについては、
4つの選択肢が提示されましたが、
私は、さまざまな要素を考慮し検討した結果、

「2月23日琉球戦を除くホームゲーム20試合分の払い戻し」

を選択しました。

今年のJ2リーグは、2月23日の
1試合だけ開催後に中断となり、
ジェフはその1試合がホームゲームだったため、
上記が「全額払い戻し」の扱いとなります。

少数派の選択かもしれない、だけど自分の考えで自分の選択をした

私の選択した「全額払い戻し」以外にも、
無観客試合や制限付き試合のみの払い戻しや、
払い戻しを辞退してクラブに寄付、
などの選択肢もありました。

クラブも厳しい状況であり、
寄付という選択をされた方もいるかと思います。
もちろん、それもクラブへの愛を示す
1つの手段だと思います。

それと同時に、選択肢は4つ提示され、
どれを選んでも個人の意見として
尊重されるべきもの。

私自身は、東京都民であり、
ホームゲームの際には都道府県をまたぐ
移動をしてスタジアムに通っています。

また、今年の再開後のJ2リーグは
日程もハードであり、
日曜日や水曜日の19時キックオフの
試合も多数予定されています。

そして今回のコロナ禍においては、
ジェフというクラブだけでなく、
スタジアムグルメの出店業者など
ジェフに関わる人たちも打撃を受けています。
むしろ、そうしたジェフの周辺の
支援も必要なのではないかと思ったのです。

周辺を含めてのチームのサポート。
自分の生活。

どちらも大事なことであると考えており、
今シーズンはリモートメインでの
サポートを決め、全額払い戻しの
決定をしました。

今シーズン、スタジアムに足を運べるのは、
制限が解除された後、秋以降の
週末のデーゲームかな、と考えています。

私の選択は、少数派かもしれません。
ですが、自分の考えで、自分の選択をした。
そういうことです。

今年はいつもとは違った形ではありますが、
違った形だからこその気づきも大事に、
クラブをサポートしていきます。

タイトルとURLをコピーしました