2020年6月末のポートフォリオ

マネーのお話

2020年6月末の、自分の資産状況を
まとめてみました。
金額は明かしませんが、
率だと以下の通りです。

・現預金 51.24%
※うち、投資待機資金として
51.24%を位置づけ
・日本株 2.85%
・日本債券 2.24%
・先進国株 11.11%
・先進国債券 5.23%
・新興国株 0.93%
・FX 1.43%
・金 23.95%
・ソーシャルレンディング 0.25%
・仮想通貨 0.78%

日本国内では緊急事態宣言が解除。
経済活動も再開されはじめ、
期待感からマーケットは堅調。

株式は少しずつ高値を取り戻し、
金も高値圏で推移しました。

こうした状況の中で
私の資産も今年前半の6ヶ月では
5.66%の増加。
金が上昇して高値圏で推移したことと
株式の安定による投資信託の好調が
増加に大きく寄与しました。

2018年からはじめ、3年目になった
つみたてNISAによる
毎日の積立購入も、
着実に力強いものになっていっています。

全世界株式を対象にした
2本のインデックスファンドも
含み益に復活。

下落時に安く多く買えて、
それが損益の改善に
役立っていることがわかります。

今できることをする。
その行動が、将来に向けて
大きな実りになっていくと信じて
日々を積み重ねていきます。

2020年もあっという間に後半へ。
常に、学んでいく姿勢を持ち続け、
忘れないでいたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました