世界は変わった。だけど、変わらない目的がある。そのために、手段を柔軟に変えていく。『#NEWWORLD2020』DAY6 イベントレポート

イベント

4月22日から5月1日まで
オンラインで開催されたイベント
『#NEWWORLD2020』

私も連日参加しました。
こちらは、4月30日のDAY6の
レポ記事となります。

激動の時代、私たちはどう立ち向かう?

新型コロナウイルスの感染拡大、
政府による緊急事態宣言の発令や
各自治体による外出自粛要請。

それらによって経済活動には大きな影響。
私たちは大きな時代の変化を
目の当たりにしています。

この時代の変化で生きていく私たちが
どう立ち向かっていけばいいのか。

各業界をリードするゲストの皆さんを
ゲストに招き、この変化の時代の
生き方などについて探っていく。

そんなイベントとして開催されました。

第1部 木村まさしさん

木村さんのお話を受けて…

第2部 越智将平さん

時代は変化した。手段も変わった。だけど目的は変わらない。

4月13日の夕方に開催が決定し、
4月16日にリリースされ、
ものすごいスピード感で開催された
この『#NEWWORLD2020』。

1人30分のトークにおいても、
そのスピード感、機動力を
強く感じるイベントとなりました。

この日のゲストは
いずれもアパレル業界のお二方。

昨今の新型コロナウイルスの感染拡大により、
販売においてオンラインの占める割合が
高くなるといった変化が起こっている現状。

ただ、オンラインにおいても
できることは限られており、
オンラインだからできることと
オフラインの店舗だからできることがある。

そしてなによりも大事なのは
変わったことがある中でも、
変わらないことが何なのか
つまり、本質を見失わないこと。

木村さんが最後に話された
「お客さんはコロナではない。
コロナを主語にするのではなく、
お客さんを主語にしたときに
何ができるかをみんなで考えていく」

コロナという外部環境があってもなくても、
オフラインからオンラインへと
手段が変わっても、
目の前のお客さんを大切にするという、
本来の目的は変わらないもの。

これは、自分の人生においても
同じことが言えると思いました。

コロナだからで言い訳するのでなく、
コロナという外部環境があって
逆境になっているかもしれないけど、
自分の人生の主語は自分だ。

自分がどうしたいか、
どういう状態でいたいか。

そこを常に考えつつ、
自分のできることをやり続けていきます。

登壇のお二方
モデレーターの飯髙悠太さん
ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました