帰ってきたまちの清掃活動、六本木クリーンアップ。慎重な、だけど大きな第一歩。

朝活

六本木ヒルズの自治会が
主催する地域の清掃活動
「六本木クリーンアップ」

六本木クリーンアップ | 六本木ヒルズ - Roppongi Hills

2003年12月から毎月1回開催されてきた
六本木ヒルズ周辺をみんなで
一緒に掃除する活動です。

私も2017年からは3年連続ですべて参加し、
ゴミ拾いの活動をするグループの
リーダーも任されてこの活動を
微力ながらもサポートしていました。

2020年3月からは新型コロナウイルスの
感染拡大の影響で中止が続いていたが
12月18日、1年10か月ぶりに活動再開。

規模を縮小し、活動再開

活動再開となった今回。

実験的な部分もあり、募集していた人数は
50人ほどと規模を縮小。
コロナ前は5班体制だったグループも
3つにして行われました。

この日はお天気は晴天ながらも
冷たい風で強い冷え込み。

六本木西公園周辺のエリアを掃除し、
私はリーダーとして皆さんを引率しました。

感染対策のため、拾わなくていいと
されていたゴミもたくさんあったのですが、
参加されている皆さんのほうが
地域に関してはよく知られていますし、
皆さんのゴミ拾いをしたい気持ちも尊重しつつ
グループのエリアの掃除を進めました。

比較的きれいなエリアではあるのですが、
周囲の状況や拾う様子を見守っていて
私も励みになります。
止まっていた活動を再始動した街の
たくさんのゴミを拾って集めていただきました。

いろいろな方が参加しているので、
ゴミ拾いをしながらの交流も楽しいですし、
毎回いろいろな気づきがあります。
それは、再開した今回も同じでした。

まずは第一歩、またここから

清掃活動をしていく中で
課題はあったかもしれません。

ですが、コロナ禍を経て1年10か月ぶりに再開し
第一歩を踏み出したこと。

私個人的には、六本木はヒルズブ!や
Hills Breakfastで朝の活動をはじめた場所。
そこで六本木クリーンアップという
定期的な活動が再開したこと。

縮小されて以前の形とは異なるものの
良かったことであり、大きな意味があること。

2021年の最後に再開した活動は、2022年へ。
これからも自分は自分でできることをし続け、
まちの力になっていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました