本音を語る。それは日常で考えていること、感じていることの振り返りでもあるのかも。2021年の #ブラックな祭り イベントレポート

イベント

11月11日、ゾロ目の木曜日。

ポッキーの日であり、チンアナゴの日であり、
きりたんぽの日であるこの日。

トゥモローゲート社が主催する
Twitterでのイベント
『ブラックな祭り』が開催されました。

少し経ってしまいましたが、
イベントはレポートを書くまでがイベントなので
レポート記事を書きます。

タイムラインがブラックに染まった1日

この『ブラックな祭り』とは、
1日限定でTwitterのタイムラインを
ブラックに染め、ブラックな体験を
みんなで楽しもうというお祭り。

2018年、2019年、2020年と11月に開催され、
今年で4年連続、4度目の開催となりました。

参加方法は以下のとおり。
①アイコンをモノクロに変更(名前の「ブラックな〇〇」を推奨)
②期間中のツイートに #ブラックな祭り を付けて呟く

※注意
配信ルールはありませんが特定の個人を傷つけるツイートは厳禁です

上記ルールにのっとり、多くの方が
自由にツイートをして
タイムラインを盛り上げました。

11/11 AM7:00、開幕!

11月11日、AM7:00。

今年は無事に西崎さんからの
開幕ツイートがされ、
ブラックな祭りの本編がスタート。

参加者の皆さんはそれを待っていたかのように
それぞれ思い思いの(下書きで用意していた?)
ツイートをタイムラインに投下して盛り上げます。

あっというまにトレンド入り!

開幕から、皆さんが勢いよくツイートされ、
1時間たたないうちにトレンド入り。

昨年の最高3位を上回る2位で、
ポッキーとの一騎打ちに。

午前中には1万ツイートを突破。
多くの人が昼休みの12時台に15000ツイート

16時前には2万ツイート到達。

私は昨年一昨年と、参加者の皆さんのツイートを
チェックしてリストインし、
参加者の人数を集計していましたが、
昨年の規模でも11日かかったため今年は断念。

ただ、昨年同様に波はあったものの
ピークタイムはずっと続いていたような印象で、
ポッキーの厚く高い壁には届かずも
長い時間トレンド上位にランクインしていました。

その後も参加者は続々と増え、
多くの方がモノクロアイコンと
ブラックネームになり、
タイムラインには #ブラックな祭り の
ツイートが並びます。

私もひっそりと…!
この祭りの直前にクライマックスシリーズで
敗退した阪神ファンの嘆きを…

11/12 13:00終了、駆け抜けた30時間

夜、深夜、そして翌12日の午前からお昼と
ブラックなツイートが
タイムラインを盛り上げ続けて

11月12日13時に終了。

ツイート数は5万2千を記録。
参加者数も5千人を超えて昨年を上回り、
最大規模となったブラックな祭りを
参加者のみなさんのツイートが
タイムラインをブラックに染め上げて
盛り上げていただきました。

たくさんのご縁と、多くの気づきと

今年も多くの方が参加し、
皆さんのツイートや参加者同士のやりとりなどを
通じて盛り上がったこのお祭り。

昨年を上回る規模となり、
タイムラインそのものも盛り上がりましたが、
参加者同士の交流においても
たくさんのご縁や新しいつながりも
あちこちでできていたようです。

私は、今年はリストをつくらずだったので、
みなさんとの接点は少なくなったこともあり
新しいつながりは過去2年ほどは
つくれませんでしたが、
それでも、Twitterにはいろいろな人がいて、
いろいろな考え方に触れることができて、
多くはないにしても新しいご縁を
いただけたことに感謝します。

この『ブラックな祭り』をきっかけにして
交流してくださったみなさま
フォローしてくださったみなさまに感謝しつつ、
フォローをゴールにせずに、
ゆっくりと、長く仲良くしていける人が
少しでもいれば幸いです。

また、最近は自分の比重が
発信よりも内省に重きを置いているためか
普段のツイート数も減ってしまいましたが、
このイベントに参加したことで、
普段自分が考えていることや感じていることの
振り返りができたのは収穫だったと思っています。

そう考えると、ブラックな祭りでの
ブラックなツイートは
発信はイベント中にするとしても、
その準備として日頃考えていたり
気づいたことや感じたことは
常に言語化して下書きに残しておいたり
手帳に記録したりと、1年がかりの
ものなのかもしれませんね。

自分のできることで、参加し続ける

今年も、自分のできることで盛り上げていこうと
イベント時間中のツイートはもちろんのこと、
ブログでのシェア記事やこのレポート書きで
私はこのイベントに参加しました。

この最高に楽しいお祭りを
準備から全力で楽しみ、
Twitterの持つチカラを改めて感じる
30時間でした。

西崎さん、トゥモローゲートの皆さん
今年もこの最高のお祭りの企画
ありがとうございました。

そして当日参加してくださった皆さま
タイムラインを盛り上げてくださり、
そして新たなご縁もくださり、
ありがとうございました。

このレポート執筆をもって
私の今年のブラックな祭り関連の
活動はおそらく終了かと思いますが、
また来年、できることで
力になっていければと思っています。

イベント中に西崎さんがツイートされた

実現する、その日のために。

タイトルとURLをコピーしました