イベントを、聞く技術を育てる場に活かしてみよう!読書メモ403-『行列のできるインタビュアーの聞く技術』

読書

宮本恵理子さんの
『行列のできるインタビュアーの聞く技術-相手の心をほぐすヒント88』
を読みました。

行列のできるインタビュアーの聞く技術
「あの人に話したい」と著名人が続々指名する人気インタビュアーの「聞く技術」。一瞬で「聞き上手」に生まれ変わります。

私も参加している朝活コミュニティ、朝渋では
書籍の著者を招いたトークイベントが
月2~4回程度開催されています。

11月10日のイベントに著者の宮本恵理子さんが
登壇されるとのことで、
その登壇を前に予読しました。

登壇されるイベントはこちら

【参加無料】朝渋Vol.208/人生と仕事が変わる 聞く技術(ゲスト・宮本恵理子さん)#朝渋 #朝活
おはようございます!朝渋代表の5時こーじです。口下手でも会話が苦手でも、「聞く技術」があれば大丈夫!身近な人とのコミュニケーションで役立つ、聞く力。 相手の本音を引き出すためには、... powered by Peatix : More than a ticket.

相手の心が開く、「聞き方」の本

インタビュー歴は20年を超え、
これまでに2万5000人以上の話を
聞いてきた、著者の宮本恵理子さん。

働き方や生き方、夫婦・家族関係などの
テーマでインタビューを行い
執筆をしてきました。

多くの方に話を聞く経験を通じて得た、
相手の信頼を得て心が開いていく
「聞き方」の技術をまとめた一冊です。

本書の章構成

第1章 人生と仕事に効く「聞く技術」
第2章 「聞く力」を何倍にも膨らませる事前準備
第3章 話を聞き出す「環境」のつくり方
第4章 インタビュー開始5分で信頼してもらう
第5章 「聞く」がはかどるメモの取り方
第6章 質問せずに、本音を引き出す
第7章 オンラインで深く聞く7つのコツ
第8章 インタビュー企画書のつくり方
インタビューQ&A

読書中のツイート

イベントにも、活かしてみよう

著者がご自身の経験を通じて
身につけていった、「聞く」ことから
はじめて信頼を築くコミュニケーション術。

読みやすく、書かれている内容についても
基本的でやさしく、すぐにでも
取り組めることが多かったように
読んでいて感じました。

著者がインタビュアーとして
活躍されているということもあり、
ついついインタビューでの聞き方として
見てしまいがちではあるものの、
ゲストが登壇されるトークイベントを
「聞く技術」を育てる場としても
活かせるのではないかな、と私は
本書を読んでいく中で気づきました。

たとえば、私が参加している
朝渋のイベントであっても、
私はイベントに参加してゲストの話を聞き、
SNSやブログ等にアウトプットしています。

ゲストの話を聞く。
それを自分の解釈も加えながら
SNSでアウトプットしたり、
ブログでレポートにまとめる。

ふと、読書しつつ一連の流れを振り返り、
普段のイベント参加でやっていることだ!と。

結果として「聞く技術」を育てる場にし、
自分がイベントに参加してブログで
レポートをアウトプットしていること。
そこに気づけたのは、大きな収穫でした。

著者の宮本恵理子さんが登壇される
10日の朝渋のイベントでも、
そんなスタンスで参加したいと思っています。

イベント前に本書を読んで、
それからイベントに参加すると
また違った向き合い方ができるかもしれないので、
イベント前に本書を読む時間を確保できる方には
ぜひ読んでからの参加がおすすめです。

10日、朝渋のイベントで
お話を聴けるのを楽しみにしています。

タイトルとURLをコピーしました