千葉・鴨川の大山千枚田「棚田のあかり」本日10月25日スタート!幻想的な色の変化で棚田を彩るあかりが、今シーズンも秋から冬への季節の変化を刻む。

イベント

千葉県鴨川市の大山千枚田で、
1万本のLEDが秋から冬に向かう棚田を彩る
「棚田のあかり」
今年も10月25日からスタートします。

棚田のあかり2021 | NPO法人 大山千枚田保存会-公式サイト
大山千枚田にLEDのあかりが灯り、中山間地域に幻想的な夜景が広がります。10月25日(月)から2022年1月10日(月)まで毎日日没から3時間程度光ります。駐車場は大山千枚田無料駐車場をご利用ください。

日本の棚田100選、大山千枚田

大山千枚田はライトアップが美しい棚田として、
日本の棚田100選にも選ばれており、
「東京から一番近い棚田の里」とも呼ばれ、
東京をはじめとして全国から多くの観光客が
訪れる、人気の棚田です。

季節は秋から冬へ、棚田を彩るあかり

新型コロナウイルスの影響で
2019年まで毎年10月下旬に開催されていた
「棚田の夜祭り」は中止に。

ですが毎年好評な「棚田のあかり」は
今年も開催され、かつて私も現地で見て感動した
1万本のLEDが棚田を彩ります。

橙、青、緑、紫と15分ごとに変化し、
そのようすは幻想的。

毎日日没から3時間程度、雨でも光ります。

感動するだけでなく、守り活性化を

私は秋から冬のきれいなライトアップに
感動したことでこの棚田を知りました。

ですが、そのライトアップに感動して
それだけで終わりにするのではなく、
この棚田を守り活性化することにも
貢献していきたい、と思いました。

この棚田でつくる活動として、
2016年から酒づくりオーナーにも参加しており、
棚田でつくった美味しいお酒を
楽しませていただいています。

夕方から夜に移り変わるタイミングが特におすすめ

今年も秋から冬への移り変わりを
伝える棚田のあかり。

夜祭りが中止になってしまっても、
こうして開催されることは
ありがたい限りです。

今シーズンの棚田のあかりの開催期間は
本日10月25日から2022年1月10日まで。
冬至に向けて日没が早くなる時期の、
夕方から夜へ移り変わる時間帯が
特にオススメです。

タイトルとURLをコピーしました