オリンピックで体感するはずだった眺めで観る、シーズン終盤戦の横浜スタジアム。

野球

無観客で開催された、今年の東京での
オリンピックとパラリンピック。

先日、私もチケットの返金について
記事をブログで書いたとおり、
すべてのチケットが払戻対象となった。

返金された、東京オリンピックのチケット。現場を体験できなかったのは無念だけど、次のチャンスのためにできることをやり続ける。
東京でのオリンピック・パラリンピックも9月5日のパラリンピック閉会式をもってすべての日程を終了。無観客で開催されたためすべてのチケットが払戻対象となった。私もチケットを持っていたのでその行方が気になっていたが、まずは8月8...

そのとき、無効になったチケットが
PDFでダウンロードできたので、
チケットのダウンロードをして
私も各セッションで座るはずだった席を確認。

そして、その席での試合観戦が実現した。

横浜スタジアムのウイング席から

私が観戦したのは、横浜スタジアムでの
横浜DeNAベイスターズの試合。

1塁側のウイング席で、
7月30日のアメリカとイスラエルの一戦で
ベイスターズのオースティンも活躍した試合を
私が観る予定の席だった。

高い視点とはいえ、俯瞰して観やすい

ウイング席で高い視点になるので
選手たちのプレーは小さく見えるが、
全体を俯瞰して観るのには良い。

私の席はウイング席でも外野寄りに
位置していたところだったので
外野スタンドの上段から観ている感覚もあって
個人的には好きな眺めをこの席から体感できた。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で
制限も多かった2021年のプロ野球。

シーズンの終盤に、オリンピックで
観るはずだった席で試合が観戦でき
オリンピックで体験するはずだった眺めを
感じることができたのは良かったと思う。

その後、パラリンピックのチケットも無事返金

さて、先日の記事ではオリンピックの
チケット代金の返金について書いた。

その後、パラリンピックのチケット代金も
閉会2日後の9月7日に事務局での申請がされ
10月12日にクレジットの明細に反映された。

これで、今回のオリンピックとパラリンピックの
チケット代金に関することはすべて完了した。

オリパラの体験を現場でできなかった。
そのこと自体はものすごく悔いが残り、
組織委員会の対応に満足はしないし
ちゃんと返金されてよかったとは言わないが、
ベストではないがベター。
できる最善の対応ではあったのではないかと思う。

また次のチャンスのために、今できることを

スポーツで感動を、などと安易には言わないが、
私はスポーツから生きる力を
もらってきたと自覚しており、
オリンピックを特別な場として考えていた。

東京でオリンピック・パラリンピックの
開催が決まった2013年から、
ここに現地で参加できることを楽しみにしていた。

チケット代金が返ってくるからいい。
テレビで見たって感動は味わえる。
そんな問題じゃない。
現場でなければわからないことが、ある。

今回、無観客で開催されて
現場で体験できなかったことは
本当に残念であったが、
この事実に抗うことはできない。

また、次のチャンスのために
今できることをやり続けたいと思う。

今回の横浜スタジアムでの観戦体験も、
自分が今できることをひとつ実現した。
そういうことなのである。

タイトルとURLをコピーしました