稼ぐありきの副業ではなく、どうありたいかの価値観から考える。あくまで手段、稼ぐも結果。読書メモ398-『副業の思考法』

読書

國富竜也さんの
『会社勤めのモヤモヤを吹き飛ばす 副業の思考法』
を読みました。

会社勤めのモヤモヤを吹き飛ばす副業の思考法 収入・転職・起業のリスクに打ち勝つ次世代型「働き方」
一般書「会社勤めのモヤモヤを吹き飛ばす副業の思考法 収入・転職・起業のリスクに打ち勝つ次世代型「働き方」」國富 竜也のあらすじ、最新情報をKADOKAWA公式サイトより。「僕は銀行員から未経験のwebマーケ会社に転職でき、転職後のミスマッチもなく楽しく働けてます!」が嘘だと思うなら読んでみて。21世紀の働き方論争につい...

私も参加している朝活コミュニティ、朝渋では
書籍の著者を招いたトークイベントが
月2~4回程度開催されています。

明日10月13日のイベントに著者の國富竜也さんが
登壇されるとのことで、
その登壇を前に予読しました。

登壇されるイベントはこちら

【参加無料】朝渋Vol.206/生きがいを手に入れる 副業の思考法(ゲスト・國富竜也さん)#朝渋 #朝活
おはようございます!朝渋代表の5時こーじです。個人で稼げないビジネスパーソンは淘汰される!?かつては大企業に入れば将来は安泰と言われていましたが、終身雇用制度や年功序列制度は崩壊し... powered by Peatix : More than a ticket.

稼ぐだけじゃない、そんな副業の一冊

会社員の年収が頭打ちになったり
税金や社会保険料などの負担が増加傾向となり、
生きるための余力が減りつつある現代において、
「稼ぐ」ための手段として注目される副業。

ですが、稼ぐだけのお金だけの副業ではなく、
本業だけでは実現できないような
「生きがい」やキャリアの実現手段としても
大事なものであると。

副業で月収500万円を達成した著者が、
お金だけでなく仕事のやりがいや安定など
さまざまなものを手に入れた方法について
実体験をまじえてまとめた一冊です。

本書の章構成

第1章 今すぐに副業をすべき2つの理由
第2章 上手くいく「副業の選び方」3ステップ
第3章 これからの時代に「オススメの副業9選」
第4章 副業で成果を出す3ステップと3つの心構え
第5章 本業と副業のシナジーを生む戦略
第6章 副業とSNSのシナジーを生む戦略
第7章 副業に関してよくある質問10

読書中のツイート

お金や稼ぐことも一面だけど、どうありたいかから考えたい

ビジネスのサイクルが速くなり、
終身雇用や年功序列が崩壊。
働き方改革による副業容認の流れ。
企業の寿命も大幅に短くなって
会社から人の一生が守られなくなりました。

また、前述のとおり
税金や社会保険料などの負担が増加傾向となり、
生きるための余力がなくなりつつあるのも
時代の流れとしてあります。

そんな中で「副業」は
生きることを守るため、お金を稼ぐという側面で
手段として考えられるのは
自然な流れかもしれません。

そして、副業も仕事である以上
片手間でうまくいくような
甘いものでないこともまた事実であり、
著者の実体験からも伝わります。

ただ、そんな副業を稼ぐだけの面で
考えてしまうとしんどくなってしまうのかな、と。

本書でも、やりたいことと
やるべきことの話があり、
たしかにニーズがなければ価値はないもの。
ですが、自分が想いを乗せられるかどうかの
視点は大事にしておきたいものです。

想いのないものは相手に届かないですし、
そもそも出せないものです。

よく言われる「有益なものを発信しよう」も、
まず自分にとって有益でなければ
自分の想いが乗らず、発信できないですからね。

そう考えると、稼ぐための副業としてだけでなく、
自分がどうありたいのか。
自分の価値観、大切にしているものを
大切にできるかどうか。
それらを実現するための手段として。
それが副業であるのなら選んでいく、というのが
良いのではないでしょうか。

10月13日、朝渋のイベントで
お話を聴けることを楽しみにしています。

タイトルとURLをコピーしました