誰かと、何かとつながるその前に。「自分とつながる」を大切に。読書メモ390-『つながらない練習』

読書

安藤美冬さんの『つながらない練習』
読みました。

つながらない練習 | 安藤美冬著 | 書籍 | PHP研究所
メンタル、人間関係、お金、仕事の不安が一挙に解消。「元祖ノマド&SNSの女王」が、スマホを手放したいきさつと「成功の秘訣」を明かす。

9月8日の朝渋の著者イベント
登壇されるとのことで、
その登壇を前に予読しました。

【参加無料】朝渋Vol.202/「つながり疲れ」から自分を守るために(ゲスト・安藤美冬さん)#朝渋 #朝活
私たちはつながりすぎだ。「スマホ依存」「つながり疲れ」が叫ばれる昨今。SNSによる誹謗中傷も問題になっている。一日、5,6時間スマホの画面を見ているという人、テレビやネットのニュー... powered by Peatix : More than a ticket.

つながりすぎの現代に、つながらない練習を

スマホ依存やつながり疲れ。

新型コロナウイルスの感染拡大で
外に出られないことからSNSやメディアの情報に
一喜一憂してしまう人も多い現代。

そんな現代人に向けて、スマホやSNSを
少しだけ手放してみる練習、ネガティブな情報、
ニガテな相手から距離を置く練習を提案する本書。

著者がかつて「SNSの伝道師」と呼ばれた後に
ネットから距離を置き、SNSから離れた
経験談を交えた「つながらない練習」を
紹介した一冊です。

本書の章構成

第1章 SNSとつながらない8つの練習―心をすり減らさない方法
第2章 情報とつながらない6つの練習―答えに迷わない方法
第3章 人とつながらない7つの練習―自分自身を守る方法
第4章 常識とつながらない7つの練習―自分らしく生きる方法
第5章 ネガティブな感情とつながらない7つの練習―穏やかに過ごす方法
第6章 ハートとつながるための7つの練習―毎日がときめく方法
第7章 本当に大切なものとつながるための6つの練習―力強く進む方法

読書中のツイート

自分と、そして大切なものとつながる

孤独が良くない、問題だ。
つながるのはいいことだ。
そんなことがよく言われる現代の世の中。

だからといって何でもかんでも
つながればいいわけではなく、
ココロは量でのつながりで
満たされるものではありません。

むしろ、心をすり減らすような人やものと
つながってしまったら逆効果だと思います。

そんな中で、本当に自分にとって心地よい
必要なつながりを考えるきっかけをくれる
本書の読書。

私個人の話をすると、実は8月の1ヶ月間、
ある場の活動にはほとんど参加しませんでした。

みんなで朝、活動をすることで
人に会える楽しみは確かにありましたが、
自分のやることに集中しきれなかったり
気づかいすることによる疲れのほうが大きく、
ちゃんと集中したかったからです。

朝、何ともつながらない時間をとって
自分のやることに集中してやる。
この8月を通じてやっと、自分が無理しない。
心地よくできるペースができた。
そんな気がします。

誰かとつながる、何かとつながる。
つながることの良さは
いろいろなところで語られます。

だけど、本当に大切であり
その前にやることなのは
「自分とつながる」ことなのだと思います。

自分は、何をどう感じているだろうか。
自分のハートは何と言っているだろうか。

自分とつながり、自分のハートの声を聴く。
自分を大切に、機嫌よく心地よく生きる。
そのための、慌ただしい世の中で忘れがちな
大切なことを改めて思い出させてもらった。
そんな気がしています。

9月8日、朝渋のイベントで
お話を聴けることを楽しみにしています。

タイトルとURLをコピーしました