天皇杯で、ファームでチケット完売。現場で試合を観たい想いは、オリンピック後に。

サッカー

7月21日から競技がはじまり、
23日に開会式が行われた東京オリンピック。

連日、各競技で繰り広げられる熱戦も、
大半の競技は無観客で行われており
残念ながら拍手も歓声もない。

そういった状況の中、
こんなことが起こっていた。

天皇杯で、ファームのゲームでチケット完売

7月21日に行われたサッカーの天皇杯。
フクダ電子アリーナでの
ジェフユナイテッド市原・千葉と
川崎フロンターレの一戦は
チケットの販売開始から早々に完売。

天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会 3回戦 チケット完売のお知らせ | チケット | 2021.07 | 新着情報 | ジェフユナイテッド市原・千葉 公式ウェブサイト
2021年7月21日(水)に開催されます、天皇杯JFA第101回全日本サッカー選手権大会3回戦「川崎フロンターレvsジェフユナイテッド市原・千葉」戦のチケットにつきまして、全プレイガイドにて、全席種の予定販売枚数を終了(完売)いたしました…

また、7月22日に行われた
プロ野球のイースタンリーグ。
メットライフドームでの埼玉西武ライオンズと
東京ヤクルトスワローズの一戦も
試合前日にチケットが完売。

7/22(木・祝)イースタン・リーグチケット完売について(メットライフドーム開催)|埼玉西武ライオンズ
7月22日(木・祝)にメットライフドームで開催されるイースタン・リーグ公式戦(東京ヤクルト戦)のチケットは、5,000席を上限に販売しておりましたが、全席種が完売となりました。多くの皆さまにチケットをご購入いただき誠にありがとうございました

両試合はいずれも、入場者5,000人を上限に
チケットを販売していたが、
試合当日を迎える前に完売したのである。

現地で観たい人は多い

一方は平日、水曜日の夜の天皇杯。
もう一方は連休初日とはいえ、
真夏のデーゲームでありファームのゲーム。
オリンピックの競技もはじまっていた。

それでチケットが完売したという事実は、
何を表しているのだろうかと考えてみたのだが、
「現地で試合を見たい」という人が
多いのではないかな、と私は考えた。

オリンピックは開催されはするものの、
無観客であり現地で観ることはできない。

それも、当初は有観客であり
現地観戦を楽しみにしていた人も多かっただけに
オリンピックの現場体験喪失はその失望も大きい。

だったら、現地で観られる試合を、ということで
チケットがよく売れたと考えられそうである。

現場だから得られるものがある。
現場でないと、それこそテレビ観戦では
わからないことがある。
それは、ことばでは表現しきれないのだけれど。

そうした現場での体験を求めての
両試合のチケット完売ではないだろうかと思う。

オリンピック後の試合を観にいこう

今回の東京オリンピックは残念ながら無観客となり、
現場に行くことはかなわない。

だが、オリンピックの終了後には
プロ野球やJリーグなどの試合が
また開催される。
今後の新型コロナウイルスの感染状況と
政府や各自治体、各チームの対応にもよるが、
基本的には有観客で開催されると思われる。

現場で試合観戦をしたい。
オリンピックの無念は
オリンピック終了後の試合で晴らし、
現場だからできることをしていきたいと思う。

タイトルとURLをコピーしました