伝統を持つ最高の日本酒を、樽で熟成。「酒蔵のいちばん奥の風景」を届けるSakeBaseの新しい挑戦、クラウドファンディング 「鷹長と仙禽をオーク樽で熟成したSakeBaseラボの初回熟成酒をお届け!」

雑記

日本酒と、伝統産業の繁栄を目指し
日本酒の魅力を伝えるSakeBaseが、
クラウドファンディング
「鷹長と仙禽をオーク樽で熟成したSakeBaseラボの初回熟成酒をお届け!」
に挑戦中です。

Makuake|鷹長と仙禽をオーク樽で熟成したSakeBaseラボの初回熟成酒をお届け!|Makuake(マクアケ)
こんにちは。SakeBaseです! SakeBaseとは日本酒ならびに伝統産業の更なる繁栄を目指すことを目的に設立された株式会社です。日本酒の小売販売事業、飲食店様への卸売事業、山田錦の生産事業、WEBメディア事業、飲食事業、イベント事業の6つの事業から日本酒の魅力をお客様にお伝えしています。 JR西千葉駅から徒歩...

酒蔵の奥の、樽で眠るものすごくおいしい日本酒

2017年から全国約250軒の酒蔵をめぐり、
おいしい日本酒をつくる酒蔵や
こだわりの日本酒をつくる酒蔵と
出会ってきたSakeBase。

その中で、発見したのが

「酒蔵の奥にはもの凄く美味しい日本酒が樽の中で眠っている」

ということでした。

伝統、生産…美味しくても届けられない課題

樽で熟成した特別な、おいしい日本酒。

しかしながら、多くの方にお届けできない
課題をいくつも抱えていました。

日本の国酒として伝統を持ち、
大切に扱われてきた日本酒。

長い歴史の中で培ってきた哲学や伝統、
その土地の素材の使用へのこだわりなどで
海外など外の土地の樽を使用することが
相応しくないのではないかという考え方や
ネガティブなイメージを持っている
酒蔵も多くあります。

また、樽は小さいため熟成できる量に限りがあり、
多くの方に飲んでいただくほど
生産できないという問題も。

酒蔵は最高の日本酒を、酒屋が樽で熟成を

それでも酒蔵訪問でいただいた
樽で熟成した特別な日本酒を、
日本酒を愛する方にお届けしたい。

どうにかできないだろうかと考え、
導きだした答えが

酒蔵からは、最高の日本酒を提供してもらう。
酒屋であるSakeBaseが、樽熟成に取り組む。

ということであり、
今回のプロジェクトへの挑戦に
いたったとのことです。

油長酒造から鷹長を、せんきんから仙禽を

今回のプロジェクトで提供されるお酒は

油長酒造から、鷹長
せんきんから、仙禽

どちらも、実力派のお酒で
私も飲んだ時にはおいしくいただいた銘柄。

この2種類のお酒を、SakeBaseが新設した
マイナス5度の冷蔵倉庫とオーク樽の設備の
SakeBaseラボで熟成させていきます。

このマイナス5度の環境が、
本来の味わいを保ったまま保存でき
蔵元が丹精込めて醸した日本酒を
そのままの品質で熟成できるとのこと。

スケジュール・参加方法

樽熟成の環境を持つSakeBaseラボ。
その設備費用の一部として
このクラウドファンディングから
ご支援いただいた資金を充当いたします。

6月21日からスタートしていますが、
支援したサポーターは100名を超えて
目標金額にもうすぐ達成の見込み。

現在受付中の支援は8,000円から全2コース。

リターンもそれぞれ異なりますが、
それぞれの形で、最高の日本酒を
よりおいしく熟成させる環境と、
日本酒の新しい可能性の挑戦への
力となっていきます。

いずれのコースにおいても、
SakeBaseラボでの初回熟成酒が
お届けされます。

2021年12月までにお届けとのことで、
じっくり丁寧に熟成されるお酒を
楽しみに待ちたいと思います。

詳細については、
「鷹長と仙禽をオーク樽で熟成したSakeBaseラボの初回熟成酒をお届け!」
のページを参照ください。

Makuake|鷹長と仙禽をオーク樽で熟成したSakeBaseラボの初回熟成酒をお届け!|Makuake(マクアケ)
こんにちは。SakeBaseです! SakeBaseとは日本酒ならびに伝統産業の更なる繁栄を目指すことを目的に設立された株式会社です。日本酒の小売販売事業、飲食店様への卸売事業、山田錦の生産事業、WEBメディア事業、飲食事業、イベント事業の6つの事業から日本酒の魅力をお客様にお伝えしています。 JR西千葉駅から徒歩...

酒蔵のいちばん奥の風景を感じ、日本酒の未来をつくる

歴史のある醸造方法、歴史のあるお酒。
それらを持つ、歴史のある酒蔵。

そうした先人が作り上げてきたものを
リスペクトしながら、
歴史のない酒屋が挑戦することで
新しい味わい、価値を生み出そうと
しているのが今回の試み。

更なる飛躍と頂きを求めて、
再編集する日本酒。
過去をリスペクトしながら、
前に進み続ける温故知新なものづくり。

彼らが感動を味わった、
「酒蔵のいちばん奥の風景」を
一緒に感じ、日本酒の未来を
つくっていきたいですね。

私も微力だとは思いますが、
この挑戦と日本酒の未来へのチカラに
少しでもなれたら幸いです。

クラウドファンディング
「鷹長と仙禽をオーク樽で熟成したSakeBaseラボの初回熟成酒をお届け!」

支援募集期間は2021年7月20日まで。
直接の支援ももちろんありがたいですが、
SNSなどでシェアすることで
一人でも多くの人に知ってもらうことも
大きな力になります。

宜しかったらこのプロジェクトで
彼らの挑戦と、日本酒の未来づくりを
一緒に応援していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました