明日6月15日、最強の開運日!新しくはじめることが、年後半への準備に。

雑記

明日、6月15日。
一粒万倍日と天赦日が重なっており
2021年最強の開運日といわれるこの日。

新しく物事をはじめたり
持ち物を新調すると良いとのこと。

一粒万倍日とは?

「一粒万倍日」とは、暦の選日のひとつ。

「一粒万倍日」の「一粒」とは、
ひと粒のお米を表しており、
「わずかな一粒の籾(もみ)が、
何万倍にも実る稲穂になる、大きく成長する」
という由来から名づけられました。

その名づけを受け、新しく始めたいことや
大きく発展させたいことに適している日、
といわれています。
「かけ算」の日、ともいえそうですね。

なお、一粒万倍日単体では月に4~6日あり、
2021年は61日ありますが、
別の開運日と重なることで
その開運度合いが強まるとのこと。

明日、6月15日は「天赦日」と重なり、
最強の開運日といわれています。

天赦日とは?

明日、一粒万倍日と重なって
最強の開運日となる「天赦日」。

「天が万物の罪を赦す(ゆるす)日」であり、
日本の暦の上では最大の吉日といわれています。

最大の吉日が、かけ算で最強の開運日に。
さまざまなことをはじめるのにも、
最適な日です。

開運日に、財布を新調

一粒万倍日は、その由来からも
金運には特に効果のある開運日であり、
お財布の新調にも良い日といわれます。

私も、少し前に購入した新しい財布を
明日から使い始めようと思います。

食を支える、お箸を新調

また、私は明日からお箸も
新調しようと思います。

先日の献血でいただいた、
若狭塗箸を使い始めます。

生きていく基本である「食」
その食を支えるお箸を新調することで
健康への願いを込め、
使い始めたいと思います。

2021年後半に向けても、いい準備の日

6月15日といえば、6月の折り返しであり、
もうすぐ2021年の折り返しでもあります。
そのタイミングで迎えた、最強の開運日。

2021年後半に向けて、長い目で見ての
準備の1日としてもいいかもしれませんね。

明日の一粒万倍日×天赦日が、
それぞれにとって最高の一日と解釈できる。
そんな日にしたいですね。

タイトルとURLをコピーしました