2021年最初のふるさと納税は、熊本城の復興城主。小さくとも、できることをやり続ける。

マネーのお話

近年、ふるさと納税の話題が増え、
その注目度が増しているように思います。

今日のブログ記事は、
そのふるさと納税について。

魅力的な返礼品で、地域の魅力再発見

ふるさと納税の魅力といえば、
それぞれの地域が誇る
特産品による返礼品。

地域の魅力を改めて知る
機会にもなりますよね。

税金の控除・還付がある!

そして、ふるさと納税は
所得税の還付や住民税の控除が
受けられることも、魅力。

確定申告すると、その年の所得税からの還付、
翌年度の個人住民税からの控除が
それぞれ受けられます。

基本的には所得税、個人住民税とも
2,000円を超える部分が還付や
控除対象となりますが、
寄付をする人の収入や家族構成に応じて
その額が変わります。

正確には、税金の先払いにはなりますが、
税金を納める地域を自分で選べるのは
メリットだと思います。

ふるさと納税で熊本城の復興城主に

さて、私の2021年の最初のふるさと納税は、
熊本県熊本市へ。

2016年の熊本地震で甚大な被害を受けた、
熊本城の復旧・復興のための
『復興城主』制度への寄付をしました。

復興城主
今こそ見てほしい熊本城。平成28年熊本地震で大きな被害を受けた熊本城ですが、二の丸広場や加藤神社から、天守閣等を見ることができます。熊本城の復旧状況のお知らせや、二の丸広場等を活用したイベント情報も随時更新しております。熊本城修復の支援を募る「復興城主」制度も情報を掲載しています。

熊本地震から5年がたち、
私に出来ることはないだろうかと
調べものをしていたときに、
今は、ふるさと納税を経由しての
寄付ができることを知り、
今年、1万円を納税し、はじめてやってみました。

仮城主手形、届く

熊本城の復興城主になると、
「城主証」や「城主手形」が発行され、
熊本市の観光施設などでの特典を受けられます。

ただ現在、城主証・城主手形の発行や郵送に
時間がかかっているとのこと。

そこで送られてきたのが「仮城主手形」

もちろん、城主手形と同等の
特典を受けられますし、
すぐには現地に出向けないと思いますので、
ゆっくりと到着を待ちます。

これからも、できることをやり続ける

この5年。
完全な復興にはまだまだ道半ば。

しかし、一歩一歩確実に、
大きな積み上げになっていることも確か。

私も引き続き、できることをやり続けます。

タイトルとURLをコピーしました