ありのままの、等身大の自分で生きるために、自分に配られたカードをめくって表にしていく。『「ダメな自分」でも武器になる』#朝渋読書

イベント

今日4月21日の朝は、朝渋の著者イベント
『「ダメな自分」でも武器になる』
参加しました。

朝渋Vol.190/「ダメな自分」でも武器になる(ゲスト・森 泰輝さん)#朝渋 #朝活
「努力さえすれば苦手なことでも克服できる」そんな風に考えている方はいませんか? 本書では、「苦手なこと」に目を向けることではなく、「得意なことに」目を向けた方が成長でき、そしてな... powered by Peatix : More than a ticket.

この今朝の著者イベントを振り返ります。

成功も失敗も、ありのままの自分で。森泰輝さん

今回のゲストは、森泰輝さん。

立ち上げたYouTuber事務所のVAZは
年商が14億円となり、
そこだけだと華やかに成功した
起業家であるように見えます。

ですが、大学時代には
コンビニやカフェのアルバイトを
短期間でクビになったり、
引きこもりになったことも。

ご自身が起ち上げたVAZも
2020年10月に退任。

1990年生まれの森さん。
VAZ退任後、30歳の節目に
人生の一区切りとして初の著書
『「ダメな自分」でも武器になる コンビニバイトはクビでも年商14億企業をつくった男の人生戦略』
を3月21日に出版されました。

書籍に書かれていた
人生のさまざまな実経験をベースに、
自分の特性を理解し、ありのままの自分で
生きていくためのヒントについて
お話しいただきました。

マイナスはゼロにするのでなく、プラスに気づくため

できないことや苦手なことに目がいったり、
それを直そう、としてしんどい思いを
している方は多いのではないでしょうか。

学校教育や日本の社会が
変化の流れはあるとはいえ、
まだまだ「みんな同じ」をよしとする風潮。

そんな中で、他人と同じように
できないことを欠損であると判断し、
努力で解決しようとする精神論。

これらが、マイナスをゼロにするために
多大なコストをかけて誰も幸せにならない、
しんどいものにしてしまっているのです。

ただ、できないことや苦手なことは
裏を返したり、見方を変えれば得意なこと。

マイナスの特性は、変えるものではなく、
その裏にあるプラスの特性を見つけて活かす、
いわば「利用」するためのもの。

同じコストをかけるにしても、
マイナスをゼロにするよりも、
プラスを活かしていく方が、
よほど効果は大きくなるはずですよね。

自分の特性を正しく知ろう!

できないことや苦手なことに目を向けて
直そうとしてしんどくなるのには、
自分の特性が「わからない」ことも
原因の一つなのではないか、と
私はふと思いました。

本当に得意なことがわからない。
そういうときに取り組んでいる
苦手の克服って、しんどいうえに
藁にもすがる思いなのかもしれませんね。

また、わからないから、
ウケそう、稼げそう。という憧れで
入ってしまうというのもありそうです。

では、自分の特性、得意。
どうやって知っていけばいいのでしょうか。

経験と振り返りで、カードをめくる

イベント内でも、書籍でも触れられた
森さんが大切にされているスヌーピーの言葉

配られたカードで勝負するしかない。

このことば、さらに言うなら
カードは裏の状態で配られていて、
初期設定では何のカードがあるかは
分からない状態なのかな、と思いました。

つまり、カードをめくって表にし、
その内容を知って、
はじめて使えるものになる、と。

そのめくって表にするという行為が
特性の理解であり、よく言われる
「自己理解」にあたるのですね。

特性の理解に必要なのが、経験と振り返り。

仮説を立てて、行動・経験をして検証。
そして振り返る。
結果は成功も失敗もひっくるめて。

ただただ、長い時間軸で
これを繰り返していく。

イベント内で話されていた
「苦手」も「必敗パターン」も
そうして知るものであり、
カードをめくることなのかな、と。

自分のカードが裏しか見えない状態で、
他の人のカードが羨ましくもなるけど、
それはできないこと。

淡々と、自分のカードを
めくって表にしていきましょう。

そうして全部めくったときには
自分にとっては最強のカードで
あるはずだと信じて。

頼まれなくても、やっちゃうことを

今日から行動できること。

ついやっちゃうこと。
自然にできること。

今回、私はイベント前に書籍を
2周読んでいましたが、
初日の読書メモでこんなツイートを。

まずは、自分がどう感じているか。
そこにパフォーマンスの高さとか、
周りからのニーズとかは関係ありません。

誰からも頼まれなくても、
いくらでもやれてしまうこと。
それこそが、本当に自分が
好きで得意なことだ、と。

まずは、気づける感性を大切にして、
振り返って、記録していくと、
目に見える形になっていいですね。

私も、日々の行動と気づきを、
振り返って記録する習慣を続けます。
そこから自己理解を進め、
自分に配られたカードをめくって
表にすることを続けていきます。

森泰輝さん、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました