自分にとって大切なもの、ワクワクすることを選ぼう。Hills Breakfast vol.111 イベントレポート

イベント

本日3月25日の朝に開催された
Hills Breakfast vol.111。

ここ数回、別の予定と被ってしまい、
なかなかリアルタイムで視聴参加が
かなわない状況でしたが、
今回はリアルタイムで参加できました。

Hills Breakfastとは?

Hills Breakfastは、
多様なテーマのゲストスピーカーが、
自らのアイディアや活動を
・1枚20秒のスライド20枚
・6分40秒の持ち時間
で話す、ペチャクチャと呼ばれる
プレゼン形式を採用。

その場を共有するひとりひとりの
好奇心を刺激するトークイベントです。

この20秒×20枚のフォーマットも特徴的で、
テンポの良いプレゼンが、聴く私たちを
飽きさせずにワクワクさせてくれます。

アイディアとアイディアがつながる。
人と人がつながる。

そうした開かれた場所として開催され、
ひとりひとりが考えて変化し、
そして未来をつくっていくような
アイディアが生まれる場所をめざし、
今回で111回目の開催となりました。

そんなHills Breakfastに、
私も毎回、多くの刺激や気づきを
得ながら参加しており、
運営のサポートも経験しました。

今回のスピーカーさん

今回もYouTube Liveと
Facebook Liveを使用した
ライブ配信形式での開催でした。

登壇されたスピーカーさんは以下4名。

森本佑紀さん(tanQ株式会社 founder)

鳥居優美子さん(認定特定非営利活動法人Doooooooo 副理事/株式会社DOYA General Manager)

殿崎俊太郎さん(株式会社ライトマークス 代表取締役社長)

広屋佑規さん(劇団ノーミーツ 主宰 / 株式会社Meets 代表)

途中のブレイクタイムのご近所レポートは
SAKURA Weeks 2021開催中の
アークヒルズからの中継でした。

Bubby’sさんからの
テイクアウトグルメの紹介もありましたよ。

選択肢も、正解も1つじゃない。自分のワクワクに素直に

今回も、4名の登壇者の皆さんが
それぞれ異なるテーマでのスピーチ。
とても興味深いものがありました。

スピーチを聴いていく中で、
選択肢や正解は限られたひとつのものが
あるわけではなく、自分の選んだものを
自分で正解にしていくことが
重要だと感じました。

幸せや価値のモノサシはひとつではなく、
ひとりひとりが持っている
価値観や大切なものは、
等しく大切にされるべきです。

世間の声や周囲がこう言った。
では、自分はどう思った?
他人がどう言おうと、自分にとって
大切なことやワクワクするものを選ぶ。

既存のものだけがすべてではなく、
できることでよりよい手段を試し、
可能性を開拓する。

それは誰かが選ばなかったことであっても
自分にとっては正解でないとは限りませんし、
その他人が選ばなかった答えも、
自分の行動で正解にすれば良いのですからね。

私も、自分の心に正直に
ワクワクすることを選んで、
選んだものを自分だけの正解にしていく。
そんな行動を日々、積み重ねていきます。

私がこうしてレポートを書いていること。
これだって、誰かの役に立ちたい
思いは持っていますが、
必ずしも役に立てるとは限りません。

ですが、毎回参加して
運営サポートまで経験してきた。
毎日ブログを更新し続けてきた私が
「できること」の1つであり、
人の持ついいものや価値を伝えていく
きっかけになれればと思って
毎回書き続けています。

役に立つかどうかは、
書いた後の話ですね。

次回のHills Breakfastは2021年4月26日。
この次回の4月から、オンラインでの
配信開催と合わせて、
参加人数に上限を設けた会場での開催も
再開することになりました。

こちらは、Hills BreakfastのWebサイトから
先着順で申込を受け付けています。

私にとっては参加者から運営サポートまで、
2014年から今年で8年目のかかわりになった
この朝のイベント。

毎回、得られる経験や刺激は
確実に糧になっており、
私も当日の実況ツイートや
レポートを書くことを通じ、
この場を引き続き、支えていきます。

皆さん、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました