自分の心の声を聴き、正直な思いを大切に。役に立てれば全部、比較のできない「仕事」だ。読書メモ349-『本気の副業術』

読書

AKIOBLOGさんの
『8割の人が副業月収3万円未満なのに好きなことだけして月収100万円稼いだサラリーマンが教える 本気の副業術』
を読みました。

著者のAKIOBLOGさんには
昨年11月18日に朝渋の著者イベントに
ご登壇いただき、人生を豊かにするヒントを
熱く熱く語っていただきました。

イベント前にも一読していますが、
それから4ヶ月弱経過し、
改めての読書記録です。

やりたいことをやり、会社員以外のことでも稼ぐ

会社員をやりながら、好きなことをして
会社員以外のことでも稼げるようになった。

そんなAKIOBLOGさんが、
やりたいことを全部やり
「稼げる人になる」ための最強メソッドが
詰まった一冊です。

本書の章構成

1 好奇心の鬼になる
2 行動力の鬼になる
3 ルーティンの鬼になる
4 影響力の鬼になる
5 結果を出すためのネクストアクション
Q&A AKIOが答える7つの質問

読書中のツイート

自分の心に正直に、純粋な「やりたい」を大切にして社会をつくっていこう

「副業」というワードがタイトルにあり、
一見、副業の本であるかのような本書。

たしかに、著者のAKIOBLOGさんは
会社員をやりながら、好きなことをやって
会社員の仕事でも稼いできました。

ですが「仕事」について、
「心の底からやりたいこと」と
AKIOBLOGさんは定義されており、
そこに本業と副業の区別はない、と。

私もこの考え方に同感であり、
もっというならは「人生」という
大きな本業があって、仕事はあくまで
そのための手段でしかないと思います。

会社員という身分は社保等では
たしかにありがたい部分もありますが、
だからといって会社が偉い、ということは
決してないと思っていますし、
私も会社員をやりながら会社員以外のことも
していますが、会社が上だとは
全く思っていません。

会社の仕事だからとか
そうじゃないから、ではなく。

本当に大切なのは
自分の心が何と言っているか。
自分はどう生きていきたいのか。

それを大切にして、心の底からやりたい。
この思いを持ち、選んだものを全力でやる。

そうして社会をつくることに
参加できていれば良いのだと思います。

くしくも、昨日3月11日で
東日本大震災から10年が経過しました。

10年前のあの日のことを振り返ると、
自分の生き方や働き方を考える
きっかけの一つだったように思っています。

これからも、自分の心の声を大切にし、
自分が納得するやり方で社会づくりに
参加していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました