発酵のチカラと、土地のチカラをかけ合わせた、WAKAZEさんのフレッシュな甘酒「SOYOKAZE」テイクアウト販売を開始しました!

ぐるめも

三軒茶屋の酒蔵、WAKAZEさんが
運営する飲食店のWhimSAKE&TAPASで、
併設の醸造所でつくる甘酒の
テイクアウト販売をはじめました。

ノンアルコールのクラフト甘酒、SOYOKAZE

WAKAZEさんが、日本酒メーカーとして
持っている発酵の技術と、
季節の旬の素材を活かしてつくる
ノンアルコールクラフト甘酒のSOYOKAZE

「そよ風が日本列島を吹き抜けて旅する」
という意味から、このネーミングとなり、
「旅する甘酒」というコンセプトのもと、
日本のテロワール×発酵を体現するような
ブランドを目指しています。

甘酒づくりに使用する麹も白麹を選び、
砂糖を使わない無添加の造りながら、
麹由来の自然な甘みと、
合わせるフルーツとの相性のよい
フレッシュな酸味でさっぱりとした
味わいを実現しています。

それはまさに、
発酵のチカラと土地のチカラのかけ算、
といったところでしょうか。

緊急事態宣言を受け、テイクアウト開始

このSOYOKAZEですが、
造りたてのフレッシュな甘酒を
届けたいという思いのもと、
これまでは公式オンラインストア限定で
予約注文のみの完全受注生産に
限っての販売をおこなっていました。

ノンアルコールフルーツ甘酒
WAKAZEが手掛けるノンアルコール甘酒ブランド「SOYOKAZE」”旅する甘酒”というコンセプトのもと、日本のテロワール(その土地の良さ)×発酵を体現する甘酒です。酒蔵だからこそ生み出せる発酵のチカラと、日本の各地方にあるフルーツのテロワールを掛け合わせることで、今までの「お正月に飲む」甘酒のイメージを覆すような、フ...

しかし、このたびの緊急事態宣言を受け、
より気軽に発酵の美味しさを
お届けしたいとのことで、
1月29日より三軒茶屋の店舗での
テイクアウト販売をはじめました。

WAKAZEさんのツイートのとおり、
平日は15時までの販売
土日祝日は15時~20時の販売。

容量は200ml。
ホット/アイスの選択が可能。
プレーン450円、フルーツ500円での
提供となります。

生姜を飲んでみた、からだにやさしく、ほっとあたたまる

私もこのSOYOKAZEをテイクアウトで購入し
実際に飲んでみました。

私が購入したのは、生姜。
国内産の米と米麴を使用。
もちろん、こちらも白麹を使用。

そこに、高知県の「空の下」さんが
無農薬自然栽培でつくった生姜を
使用してつくられました。

この生姜は、2月にオンラインストアで
販売するLINE UPにもなっている甘酒。

実際に飲んでみると、
麹の自然なやさしい味わいと、
生姜のピリッとした辛みが
心地よく調和。

飲みやすくてからだにやさしく、
ほっとあたたまる一杯で
おいしくいただきました。

寒い時期にはピッタリ。
ホットで飲みたい甘酒ですね。

(カップはプレーンなのですが、
ラベルが間に合わなかったそうです…!)

私の飲んだレポートも、
このSOYOKAZEをひとりでも
多くの方に知っていただく
きっかけがつくれたらうれしいです。

三軒茶屋から新しい風を、WAKAZEさんの挑戦はこれからも続く

この甘酒をつくるWAKAZEさんは、
東京・三軒茶屋に酒蔵を構えます。

日本酒に新しい価値を、
世界に和の風を。

この想いを持ち、
醸造所とバーを経営しています。

私自身、このWAKAZEさんの
醸造所とバーが近所であることと、
ジェフ千葉のホームゲーム試合後の
『サッカー×カクウチ』などで
お世話になっていた、Sake Baseさんとの
ご縁もあり、2年ほどおつきあいを
させていただいております。

こちらのWAKAZEさんですが、
日本酒業界で革新的な取り組みをされて
最近もフランス・パリで酒蔵を設立、
日本酒を世界酒にしていこうと、
いろいろな挑戦をされています。

作るお酒も、それまでの日本酒とは違う
新しいタイプのものを世に送り込み、
私もイベントなどを通じて何度か
その個性を感じながら
美味しく楽しむ機会をいただいてます。

私はWAKAZEさんの挑戦を、
これからも応援します。

タイトルとURLをコピーしました