自己嫌悪も嫉妬も、自分の糧に。どこにいたって私は私なんだから。『毎日なりたい自分に近づく1行書くだけ日記』#朝渋読書

イベント

おはようございます。

今朝は朝渋で開催されている著者イベントの感想を
アウトプットする #朝渋読書
読書感想文ゼミに参加。

昨日1月27日に開催された、朝渋の特別講義
『毎日なりたい自分に近づく1行書くだけ日記』
を振り返ります。

【朝渋Vol.183】毎日なりたい自分に近づく1行書くだけ日記(ゲスト・伊藤羊一さん)#朝渋 #朝活
「毎日日記をつけようと思っても三日坊主になってしまう」「自分を変えるのに何から始めていいかわからない」こんな経験がある方も多いのではないでしょうか。1/27(水)のゲストは伊藤羊一... powered by Peatix : More than a ticket.

日記と振り返り、伊藤羊一さん

今回のゲストは、伊藤羊一さん。

Yahoo!アカデミアやグロービス、
プレゼン講師やVoicyなど
幅広く活躍されていますが、
若いころから今の姿があったわけでは
なかったとのこと。

苦手なことも多く、
メンタル悪化に苦しんだ経験もあり、
いわゆる「なにもなかった」サラリーマンだった
過去から変化したきっかけは
「毎日の日記と振り返りの習慣」でした。

苦しみもしながら一歩一歩、あれこれ試し、
自分なりの学びを繰り返し、今にいたっています。

羊一さんがかつての「できなかった俺」
つまり、何もできなかった自分に対して
「大丈夫、こうすれば成長できるから」と
ご自身の土台をつくってきた「日記」と
「振り返り」の習慣について書かれた新刊
『1行書くだけ日記 やるべきこと、やりたいことが見つかる』
を1月14日に出版されました。

羊一さんはご自身の書籍について、
「読んで、すぐに行動できる」ものを
書いてきたとのこと。

本書も読んだ人の
「読み終わりました、今から始めます」
を応援する一冊であり、今回のイベントでも
今から始められる日記と振り返りの習慣について、
久々にモデレーターに帰ってきた
Morning Labo代表の中村朝紗子さんと
参加者のみんなでお聴きしました。

詳しくは、昨日書いたレポート
読んでいただければと思いますが、

どこにいたって私は私。朝渋特別講義『毎日なりたい自分に近づく1行書くだけ日記』#朝渋読書
今日1月27日の朝は、朝渋の特別講義『毎日なりたい自分に近づく1行書くだけ日記』に参加。日記と振り返り、伊藤羊一さん今回のゲストは、伊藤羊一さん。Yahoo!アカデミアやグロービス、プレゼン講師やVoicy...

今回はそのうちの1テーマ
「自己嫌悪が振り返りのパワー」
ついて書いていきたいと思います。

自己嫌悪も嫉妬も、プラスの力に

自己嫌悪が振り返りのパワーである、と
ご自身の経験から仰った羊一さん。

ここからは私の個人的なことなのですが、
私は朝渋のイベントに参加するたび、
こうしてレポートを書いており、
前回のワーママはるさんの回で
通算50本目のレポートを書き上げました。

これだけだと、順風満帆に
書いていたように見えそうですよね。

ですが実は毎回のように、
他の人のアウトプットのクオリティに嫉妬したり、
うまく言語化できてない自分にモヤモヤしたり。
毎回毎回が自己嫌悪の繰り返しでした。

それでもアウトプットして振り返って。
どうしたらもっと伝わるだろうか。
こうしたらどうだろうか、と試行錯誤。

このサイクルを続けていくうちに、
反応してくれる人がいたり
ときどき登壇したゲストの方にも届いたり。

それがとてもうれしくて、
書いてきて良かった。
続けたことは無駄じゃなかったと、
続けてきた今、思っています。

50本のレポートを書いたということは、
50回の気づきの機会があったということ。

50本書いた今でも、自分が一番へた。
もっと伝わるアウトプットがしたい。

この気持ちはずっと忘れずに、
自己嫌悪も嫉妬も自分の糧にし
プラスの力に変えて、これからも書き続けます。

どこにいたって私は、私なんだから

今日からできること。

今回、トークセッションで朝紗子さんが
宇多田ヒカルさんの『Wait & See~リスク』の
歌詞を引き合いに出された場面があったのですが、
私も好きな曲なので、別の部分の歌詞を引用します。

(2000年4月19日発売…もう21年前なのですね。。)

「どこか遠くへ

逃げたら楽になるのかな

そんなわけ無いよね

どこにいたって私は私なんだから」

結局、自分の人生は、自分で作っていくもの。
自分から逃げることなんて、できない。

生きていれば良くないできごともたくさんあるし、
その事実自体は変えられない。

変えられるのはとらえ方と、
自分にとっての意味づけ。
そして、未来へ向けての糧にするだけ。

起こったことや経験を丁寧に振り返り、
自分のコントロールできることに集中して、
自分ができる最善を尽くしていく。
その積み重ねなのですよね。

羊一さんのご自身の経験からの全身での叫びと、
朝紗子さんの全力で楽しみながらのモデレートで
進んだ90分間の熱い熱いライブ。
最高の時間を共有でき、しあわせです。

伊藤羊一さん、ありがとうございました。

読書感想文ゼミはいったんの区切り、この取り組みは続けたい

さて、朝渋のアカデミーコースで
昨年10月から開催されてきた
読書感想文ゼミは今回でラスト。

私が実際に参加したのはラスト2回だけでしたが、
本を読んで、イベントの学びをアウトプットする。
その習慣づけだったり、
登壇されたゲストの方に感想を届けたり。

開催し続けての効果は確実にあったと、
参加された方のアウトプットを見て感じ、
2月以降もこの良いところを活かしつつ
続けていきたいな、と考えています。

こうして場を作ってくださった、
朝渋の運営の皆さんに感謝です。

次回の著者イベントが2月17日。
今後、どのような形でやっていくかなど、
詳細はこれから決めていきます。

お伝えできる段階になったら、
またお伝えさせていただけると幸いです。

タイトルとURLをコピーしました