今年からはじめた、スターバックスコーヒーのコーヒーパスポート。自分だけのコーヒーの旅を楽しむ。

ぐるめも

私が2021年から新しく始めたこと。
正確に言うなら、2020年最終日から
始めたことがあります。

スターバックスコーヒーのコーヒーパスポート

それが、スターバックスコーヒーの
コーヒーパスポート。

2020年の最後に中目黒のロースタリーに
行ったときにこの存在を知り、購入。

このコーヒーパスポートは、
コーヒーカードのコレクションと
コーヒー豆の記録ができるノート。

こんな感じで、左ページには
お店でもらえるコーヒーカードをはさみ、
右ページには日付や豆の名前、
抽出方法や飲んだ感想などを記録します。

自分の感覚を大事に、自分だけのパスポートを

このときに私が大切にしているのは、
飲んだ時の味わいや感じた香りなどを
そのまま記録すること。

コーヒーカードを見れば、
酸味やコクなどの情報は書いてあります。
だけど、それをそのまま写しても
ただのコピペであり、わざわざパスポートに
する意味はないかな、と。

まずは、一度自分で飲んだそのままを記録。
その後にカードに書かれた情報を
参考として付記するようにしています。

同じ豆であっても、その時の体調や
抽出方法によっても感じ方は
変わってくるでしょうし、
そうした変化も含めて、私だけの
コーヒーパスポートをつくって
コーヒーの旅を楽しんでみようと思います。

実は、普通のお店にもコーヒーパスポートが…?

ところで今回、私はこのコーヒーパスポートを
中目黒のロースタリーで「購入」したのですが、
実は普通のスターバックスコーヒーの店舗では
コーヒー豆を購入した時にもらえる紙の冊子で、
スタンプシールを貼るタイプの
コーヒーパスポートがあるのですね。

コーヒーパスポート|スターバックス コーヒー ジャパン
購入したコーヒー豆を記していくコーヒーパスポートは、スターバックスへ行くのが楽しみになるアイテムです。

これは、後から知りましたが、
まずは一冊目のコーヒーパスポートを
つくりすすめていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました