2020年のサッカー観戦を振り返る。ジェフは結果が出なかった。厳しい状況の中、できることを考えた1年。

サッカー

いつもとは違った2020シーズンのJリーグも、
本日のルヴァンカップ決勝戦をもって
シーズンの全ての試合を終了。

昨年のうちに振り返りの記事を
書けなかったこともあるのですが、
このタイミングで、2020シーズンの
サッカー観戦について振り返ります。

結果こそ出なかったが希望は感じた2020年

J2リーグ10年目で最低順位、最低勝ち点に
終わった2019シーズンからの立て直しをはかり、
尹監督を迎えて臨んだ2020シーズンのジェフ。

ここ数年、失点の多かった守備を再構築し
過去のジェフとはガラッと変化したチームに。

開幕戦を攻められながらも耐えての1-0勝利に、
期待を持たせましたが、
その後新型コロナウイルスの影響で中断。

緊急事態宣言などもあり
チーム活動も中断した時期も。

コンディションの維持も難しく、
6月下旬に再開後は、いい内容の試合や
強さを見せた試合もありましたが、
徐々に負けが込むことも増え、
終わってみれば勝ち点は53。

15勝8分け19敗と負け越し、
ホームでの5失点を2度やっての
シーズン51失点と、守備の構築は
道半ばというところでした。

とはいえ、ところどころに
成長が見られたことは感じられ、
未来に向けての希望は見られました。

私自身の現地観戦結果

こういう1年でしたので、
私自身の現地観戦も
ホームゲーム4試合のみ。

2月23日 琉球(H) 〇1-0

10月10日 水戸(H) ×1-5

11月21日 長崎(H) ×0-1

12月20日 北九州(H) 〇2-1

2勝2敗、4得点7失点。

6月下旬のリーグ戦再開直後は無観客だったことや
平日開催、夏場のナイトゲーム。
シーズンシートの払い戻しなどもあり、
現地観戦がわずか4試合という結果に。

2017年から続けてきたホームゲーム連続観戦も
開幕戦までの60試合で途切れることとなり、
厳しいシーズンを戦う選手たちの力には
思うようにはなれなかった
1年だったと思っています。

アウェイへの遠征で、
他チームサポーターとの交流も
できない1年でした。

思うように動けない中で、できることを考えた

いつもの年とは違い、行動にも制限のある中、
お会いしたい人にも会えなかったのは確か。

そんな制限がありながらも、
としさんが開催してくださった
オンライン観戦企画の「ウチジェフ」など、
できることを考えて動いていった。
そんな1年でした。

コロナの状況は一進一退を繰り返しながら
2021シーズンのJリーグへの
影響もまた不透明。

私たちはできることを考えながら動いていく。
そうして、楽しみを見つけていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました