「好き」そのひとつのことばで、自分らしく生きられるチカラになる。朝渋アカデミー特別講義『Konmari仕掛け人に聞く自分らしさの見つけ方』イベントレポート

イベント

本日12月23日の朝は、
朝渋アカデミーコースの特別講義
『Konmari仕掛け人に聞く自分らしさの見つけ方』に参加。

【朝渋Vol.177】Konmari仕掛け人に聞く自分らしさの見つけ方(ゲスト・川原 卓巳さん) by 【朝渋】日本最大級オンライン朝活コミュニティ
「自分の魅力がわからない」「自分らしさを活かす方法がわからない」就職、転職、パートナー選び…あらゆる場面で、こんな悩みを感じたことはありませんか?12/23(水)のゲストは川原 卓巳さん。川原さんは、いまや世界で最も有名な日本人といっても過言ではない「こんまり」こと近藤麻理恵さんのパートナー。夫としてプライベート...

ゲストは川原卓巳さん

今回のゲストは、川原卓巳さん。

こんまりこと近藤麻理恵さんのパートナーであり、
ビジネスにおいてもマネジメントと
こんまりメソッドの世界展開のプロデュースを務め、
公私ともにサポートをされています。

自分らしさを活かして自分の人生を生きるための
ヒントが詰まった書籍
『Be Yourself 自分らしく輝いて人生を変える教科書』
を12月2日に出版されました。

今回、書籍のテーマである「自分らしさ」を
見つけてもらえたらという思いを込め、
お話していただきました。

自分らしさってなんだろう

自分らしく生きたい。
自分らしさを活かしていきたい。

私たちはいろいろな場面で「自分らしさ」を求め、
そしてうまくいかないことも。

そもそも「自分らしさ」って何でしょうか。

基調講演の中でお話しいただいた、
自分らしさの3つの特徴について。

人は一人ひとり違いを持っているので、
この3つの特徴についてもそれぞれ違います。

幼いころから自分の好きをきわめてきた
パートナーのこんまりさんと、
いろいろなことに興味を持ってやってみた
ご自身を振り返って比較してみた中で、
人それぞれに違う「自分らしさ」が
あることに気づいたそうです。

自分らしく生きる5つのステップ

自分らしく生きる5つのステップ。

この5つが書籍の章構成でもあり、
後のトークセッションでも
ここを踏まえて話されていました。

特に大事なのが、まず①の自分を知る。
この自分を知ることがすべてのはじまりになり、
②以降へと続いていくものになるんですね。

その自分らしさの見つけ方には
ポイントが3つ。

(朝渋アカウントのツイートを拝借しました)

自分らしくいられる/いられない、
場所や時間、人間関係などを考えていくことでの
気づきや思ったことをスルーせずに
大切にしていきましょう。

「引き算」で、自分のときめきに正直に

5時こーじさんはじめ、朝渋メンバーからも
多くの共感があった「引き算のプロデュース」

振り返れば私も、2013年頃から
人生をゆたかにするために、
いろいろなことに興味を持って
初めての体験を積極的にしていました。

そうして手を広げた結果として
多くの経験をして多くの収穫がありましたが、
一方で人としてのリソースには限りがあります。

手を広げ過ぎて余裕がないなと
感じることも増えたのは事実。

もちろん、経験値を得たり、
知識を得る段階としての量もたしかに大切。
だけどそれも、量が目的ではなく、
質を最大化するための判断材料としての
量であることは忘れてはいけないのだと思います。

私も、量から質に移行する。
そんな時期なのかもしれませんね。

いいねを言ってくれる人の心強さ

どんなに強いとみられている人であっても、
ひとりでは不安もありますし、
心細くて心も折れてしまいがちに。

特に、何かに挑戦しているときは
人がやらないことをやっていたりで、
なかなか賛同を得られないことも。

私も以前、自分の誕生日に
バースデードネーションに挑戦したのですが、
当時はまだ認知も低く、また私の伝える力が
足りなくて批判の声もありました。

それでも、こんな自分を応援してくれた人がいて、
本当にありがたく、心強かったこと。
もし何か困難が起こったときに、
この応援してくれた人たちは
真っ先に守りたいと思ったこと、思い出しました。

朝渋の皆さんも、発信や行動に対して
いいねを言ってくださることが多く、
そのやさしさ、あたたかさに勇気づけられています。
いつもありがとう。

そういえば最近、映画『STAND BY ME ドラえもん』を
鑑賞したのですが、のび太くんにとっての
ドラえもんやしずかちゃんは
まさにこの「2人目のバカ」の存在ですよね。

私も、大切な人たちにとっての
「2人目のバカ」でいたい。
そう思うのです。

不安や怖さと同居しながら、発信を

ブログを7年間毎日更新していると、
「発信に怖さなんてないでしょ」と言われます。

いえ、そんなことないです。
毎日不安や怖さを抱えながらも、
伝えたい想いや信じたい未来、
応援したい人がいる、知ってもらいたいことがある。
だから、ここまで続けて来られたんです。

こうして書いている朝渋の
著者イベントのレポートだって、
毎回公開するまでは不安だし怖いのです。

だけど、勇気を出して書き、
公開し続けて、本当によかった。
今はそう思っています。

その好きが、生きるチカラに

最後に、今日から行動できること。

誰かからかけてもらった
「好き」や「いいね」のことば。

言った人にとっては些細なことかもしれない。
だけど、そのひとつのことばがうれしくて、
自信になり、勇気になり、生きるチカラに。

それは、前述のバースデードネーションでも
感じたことでした。

大切な人たちに好きを伝えていこう。

2020年ラストの朝渋の特別講義。
暖かい空気に包まれた
素敵な朝の時間でしたね。
この時間を共有でき、うれしいです。

川原卓巳さん、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました