おうち時間の増えた今、できることを丁寧に積み上げていく。朝渋ONLINE『SNSマーケティング最強メソッド』イベントレポート

イベント

一昨日4月15日の朝、
朝渋ONLINEで開催されたイベント
『SNSマーケティング最強メソッド!~今日から「信用」を創り出す~』
に視聴参加しました。

ゲストは室谷良平さん

ゲストは室谷良平さん。

株式会社ホットリンクで
マーケティング部長として
SNSコンサルティングやSNSマーケティングの
研究・分析・メソッド開発などの
活躍をされています。

3月3日に書籍
『1億人のSNSマーケティング バズを生み出す最強メソッド』
を出版されました。

Twitterマーケティングの最先端

今回は書籍の出版を記念し、
Twitterマーケティングの最先端を
お話しいただきました。

SNSによって、それまでは
TVや新聞などのマスメディアの
「聖域」でもあった発信の門戸が
個人にも開放され、個人がメディアに。
それにより、流れる情報は爆発的に増加。

情報を利用する側にとっては、
確かに選択肢としては増えたのかもしれません。

ですが、これほどの情報の増加は
「選ぶ」ということについて
多大なストレスを産み出す結果に。

つまり「多すぎて選べない」に
なってしまったということです。

SNS運用のための7つのチェックポイントに触れ、
信用を築くための重要なことについて。

たとえネット上の空間であっても、
その向こうには必ず人がいて、
そしてその発信や行動は見られているもの。

これはリアルであってもネットであっても、
同じことですね。

「いいね」やハッシュタグ投稿による
コミュニケーション構築。

これは私もイベントのシェアだったり
実況などでハッシュタグ投稿は
よくやっています。

備忘や振り返りといった
私的用途はもちろんのこと、
ハッシュタグをきっかけにした
人のつながりや交流のきっかけにもできて
その効果を感じており、
やってよかったと私は考えています。

今回お話していただいたことで、
この施策への改めての自信を得ました。

ハッシュタグ投稿をコミュニケーションの
きっかけ作り、おすすめです。

新型コロナウイルスの感染拡大で
家での時間が増えたことにより、
SNSを見る時間は増えた最近。

自分がSNSを見ている感覚だと、
その目線が集まっている状態のところに
強い言葉や不安を煽る発信も
多々見られるように感じ、
一方ではSNS疲れしている人も
散見されています。

外出自粛により家での時間が増えたこと。
この事実は味方につけつつ、
SNSの強い言葉に流されず、
自分のやることに集中していく。

それが現在の状況が終わった後
プラスの力になってくれる。
そう私は思います。

まずは行動、そして検証

SNS運用について様々な角度から
お話していただき、
新しい学びだけでなく
既に実行していることに
改めて納得感を持って聴くことができ、
とても濃い朝の1時間半でした。

SNSの運用については
Twitterを10年続けている私でも
答えはわからず試行錯誤の日々ですが、
結局はその向こうには人がいるということ。

そして、できることから1つずつ丁寧に
行動して検証して、また行動する。
その繰り返しが大切なのだと思います。

イベントでの学びを
これからのSNSでの発信に活かします。

室谷さん、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました