ふるさと納税で被災地支援、#寄付について考える。

マネーのお話

返礼品や税金の控除などを魅力に、
近年人気の「ふるさと納税」。

最近では、地震などの自然災害などでの
被災地域への寄付、支援としても
注目されています。

確定申告により還付、控除

被災地域へのふるさと納税の申込により、
その地域への寄付となり、
寄付金受領証明書が発行されます。

この寄付による控除適用条件、上限額等は
通常のふるさと納税と同様で、
確定申告すると、その年の所得税からの還付、
翌年度の個人住民税からの控除が
それぞれ受けられます。

基本的には所得税、個人住民税とも
2,000円を超える部分が還付や
控除対象となりますが、
寄付をする人の収入や家族構成に応じて
その額が変わります。

総務省|ふるさと納税ポータルサイト|ふるさと納税のしくみ|税金の控除について
ふるさと納税で日本を元気に!ふるさと納税の意義や納税制度、ふるさと納税の制度改正についてご案内いたします。

今年も豪雨や台風の被災地域へ

私は、今年は熊本県や鹿児島県など
豪雨や台風での被災地域へ
ふるさと納税による寄付をいたしました。

返礼品を貰うも貰わないも、それぞれの選択

なお、ふるさと納税といえば、
その返礼品も魅力的なものが多いです。
一方で、被災地への支援を考えると、
単純に寄付のみで返礼品は
辞退すべきという声もあるのは事実です。

そんな中、私は返礼品をもらう選択をしました。
確かに、自治体の手間が増えたり、
けしからんという意見があるのも承知です。
ですが、その返礼品をもらい、
それをブログやSNSでシェアするのを通じて、
この地域にはこんな良いものがある。
それを知ってもらうことも
大事なことだと思うからです。

この件については、人それぞれの意見があり、
それぞれが尊重されるものだと思います。

支援の方法はいろいろとありますが、
ふるさと納税の活用も選択肢の1つとして
検討してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました