自分の存在意義を考えてみる。はじめての体験をすることはその土台づくり。朝渋アカデミー特別講義『超クリエイティブ』イベントレポート

イベント

本日11月4日の朝は、
朝渋アカデミーコースの特別講義
『超クリエイティブ』に視聴参加。

【11月のイベント紹介①】超クリエイティブ(ゲスト・三浦 崇宏さん) by 【朝渋】日本最大級オンライン朝活コミュニティ
仕事、会社、人生、あらゆる場面で必須となるのが、「問題の本質を見抜く力」と「その解決法を見出す力」。場面を問わずに使える、あらゆる困難を超える思考法と実装術は、ビジネスパーソンとして誰もが身につけたい技術です。そこで今回は、The Breakthrough Company GO 代表取締役 PR/Creative...

ゲストは三浦崇宏さん

今回のゲストは、三浦崇宏さん。

「表現をつくるのではなく、現象を起こすのが仕事」
を信条に、広告クリエイティブを軸に
多様な問題解決に立ち向かう活躍をされています。

10月29日には2020年3冊目となる新刊
『超クリエイティブ「発想」×「実装」で現実を動かす』
を出版されました。

よって、朝渋の登壇も今年3度目。

私個人的には、前作『人脈なんてクソだ』で
登壇された時の回で朝渋初参加だったこともあり、
少し特別な思いでお話を聴かせてもらいました。

前回登壇時のレポートはこちら。

変化の時代、自分のできることをやり続けよう。朝渋ONLINE『人脈なんてクソだ。変化の時代の生存戦略』イベントレポート
本日4月7日の朝、朝渋ONLINEで開催されたイベント『人脈なんてクソだ。変化の時代の生存戦略』に参加しました。私にとっては、朝渋ONLINEでは初のイベント参加。新刊『人脈なんてクソだ』発売、三浦崇宏さん...

コロナでしばらくイベントレポートの
アウトプットから遠ざかっており
だいぶ下手になったな、と思った頃ですね…!

冒頭には、今年3冊の出版の背景の振り返りも。

激熱、重厚なオールトークセッション!

今回は、基調講演なし
オールトークセッションの内容。

「機能」で差がつかない時代のブランディング

「最低限」の品質のレベルが上がり、
「機能」で差がつかない時代である現代の
ブランディングとその正のスパイラルについて。

私が昨日、プレミアボックスシートで
映画を見た話もそうかも、と思って
ふとツイートしてみました。

同じものでも、高くても。
この企業だから、この人だから、買う。
そこにはこれがあるんですよね。

皆さんも、何かを買うときに
「この企業だから」「この人だから」
ということはないですか?

8:6の時代へ

ポストコロナ時代の10の変化。

それに関連して、8:6の時代について。

実はこの話、私は4月に三浦さんが登壇した
イベント「Withコロナ時代のPRについて話そう」
で初めてお聴きし、その時からずっと
強く印象に残っていることでした。

機能や品質、価格では競争できなくなり、
普通に生きていくには困らない程度の
「ある程度いいもの」ばかりが揃った今。

「これが、何のために存在しているのか、理由がある。」
「本当に好き、欲しい。自分にとって絶対必要。」
そんなものでなければ選ばれない。

イベント中のツイートでも
「本当に好きな、狂ったように
愛したものを長く選び続けるようになる」

と書きましたが、その傾向は最近、
ますます強くなったように感じています。
量の時代ではなくなったことは、確かだなと。

「推ししか勝たん」もこれですよね。

クリエイティブの定義

コアアイデア

本質発見力の話。

野球場の例だったので、
そうそう!とツッコミたい気持ちを
抑えながら聴いていました。笑

いつもと違う体験、自分の人生のサンプルを増やす

最後に、今日からできることとして

「いつもとちょっと違うことをやってみる。
そこでの自分の変化をみつめてみる」

とアドバイスをいただきました。

①新しい行動をする
②行動によって起こった変化を振り返る

をセットでやるところまでが大事と。

私も個人的には、はじめての体験を積極的に
日常に取り入れる習慣を持っていますが、
はじめての体験はいつもとちょっと違う体験。

小さなことでもそうしてやってみることで、
何かをするときの判断材料になっていくのを
私自身の経験からも感じています。

人生のサンプルが増えるのって、
些細でも意外と大きなことですよね。

私も引き続き、いろいろなことをやってみて、
自分の人生のサンプルを増やしていきます。
そして、自分が何のために存在しているのか。
自分なりの答えを出していければ、と思います。

三浦崇宏さん、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました