睡眠は人生の大きな構成要素。睡眠を尊重する社会の実現を。朝渋ONLINE『ハイパフォーマーになるための睡眠技術』イベントレポート

イベント

昨日4月22日の朝、
朝渋ONLINEで開催されたイベント
『ハイパフォーマーになるための睡眠技術』
に視聴参加しました。

ゲストは小林孝徳さん

今回のゲストは小林孝徳さん。

「睡眠は技術であり、すべての人が
持っている武器である。」

1万人以上のデータから導き出したメソッドを基に、
ビジネスパーソンの睡眠改善に取り組む
小林孝徳さん。

2月3日には書籍
『ハイパフォーマーの睡眠技術 SleepSkill』
を出版されました。

小林孝徳さんが2013年に設立した
株式会社ニューロスペースは、
ご自身の睡眠障害の経験が
原体験だったとのこと。

一生使える睡眠の技術

生活の中で大きな構成要素である睡眠。

その睡眠について、人生100年時代で
ハイパフォーマーになるための
睡眠技術についてお話いただきました。

前半の基調講演では、
良い睡眠を取るための
睡眠技術について。

私も睡眠については
最重要課題と位置付けているので
自分で知っていたこともありました。

ですが、レム睡眠とノンレム睡眠の周期が
90分とは限らないことだったり、
睡眠のゴールデンタイムの話など、
改めて気づくこともありました。

また、一昨年から昨年にかけて
13ヶ月間連続で睡眠6時間未満で
睡眠負債を蓄積させていた頃の
不調などの経験と重ねながら、
納得することの多い内容でした。

これらは、すぐにでもできる内容なので、
即実行に移します。

後半は朝渋の村長、5時こーじさんと
モデレーターのかりなさんとの
トークセッション。

人はひとりひとり、ちがいがあるように
最適な睡眠時間も異なるもの。

私もイベント後にクロノタイプ診断
やってみました。

ミュンヘンクロノタイプ質問紙

私は朝型。

寝付くのが23時で
起きるのは5時27分が理想。

現状は平日に1日13分足りないとのこと。

となると、ベッドには遅くても22時
できれば21時台に入り、
朝は5時起きがベストかなと思います。

こちらでは超朝型の診断でした。

朝型夜型質問紙

いずれにせよ、私が朝型なのは
間違いないようです。

こうして自分に合った生活時間を知る。
大切なことですよね。

睡眠は「固定費」
この言葉にものすごく納得。

多くのやることに追われていると、
ついつい睡眠時間を削って
そのための時間を確保しようと
考えてしまいがち。

ですが、睡眠不足は
未来の人生の満足度を下げてしまい、
後で心と体につけを払うことになり、
良いことはありません。

そう考えると、必要な時間が決まっている
睡眠は確かに、「固定費」ですよね。

まずは必要な睡眠時間を
しっかりと確保する。

その上で、残った時間で
やることをやりきるための
時間割をつくることが大切です。

そういえばこれ、貯蓄も同じですね。

人生の満足度を決める睡眠、これからも向き合う

睡眠がテーマだった今回。

こうしてお話を聴かせていただき、
知っていたことの補強や改めての学び、
新たな発見など、たくさんの収穫を
得られたと考えています。

私にとって睡眠は
人生の最優先事項ですし、
今回お聴きしたことも活かし、
自分の睡眠について向き合い、
より良い自分の睡眠習慣を
作り上げていきます。

『ハイパフォーマーの睡眠技術 SleepSkill』
も5月6日まで全文無料公開中。

ですが、これはちゃんと書籍を購入して
ゆっくりじっくりと、
読書をしていきたいと考えています。

小林孝徳さん、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました