足踏みから一歩前進、巨人が理想的な戦いでマジックを6に。

野球

本日10月22日。

神宮球場での東京ヤクルトスワローズと
読売ジャイアンツの一戦を現地観戦。

4番の打撃が明るいヤクルト、優勝直前に足踏みの巨人

ヤクルトは最下位に低迷するものの、
そんな中で4番村上がシーズン通して
活躍できていることは明るい材料。

昨日も、勝利につながる逆転2ランを放ちました。
打率は少し厳しくも、打撃三部門とも
タイトルのチャンスはあるので
伸び伸びと自分のスイングをしたいところ。

一方の巨人は優勝へのマジックを点灯させながらも、
ここ5試合は勝ちなしでマジックも7で足踏み。

とはいえ2位以下には大きく差をつけており、
これまでやってきたことを丁寧にやるだけ。

両チームスタメン

先発はヤクルトは吉田大喜。

巨人はサンチェス。

試合経過

試合は初回から動きます。

吉田大喜は不安定な立ち上がりで
制球が定まらず。

ヒットと2つの四球で満塁にすると、
ウィーラーが押し出し四球で先制点は巨人に。


吉田大喜は初回だけで43球。

3回、巨人は松原のライト中段へ
飛び込むホームランと
岡本のセンターバックスクリーンへの
一撃で3点を追加し、吉田大喜を早々にKO。

巨人が試合の主導権を握る。

ビハインドのヤクルトは
4回から金久保を投入。

巨人打線を2イニングゼロに抑える。

一方、ヤクルト打線は
サンチェスの前にランナーは出すが、
ホームが遠い。

中継ぎ陣が耐えていたヤクルトだったが、
7回、坂本と岡本のタイムリーで
巨人が2点を追加。

リードを6点に広げた巨人は
終始危なげない試合運びで
試合を優位に進めて6-0で勝利。

優勝へのマジックを6に減らしました。

苦しみを乗り越えての完勝、いよいよか?

ここ5試合勝ちなし。
優勝を目前にして苦しんでいた巨人だったが、
この日は終始自分たちで主導権を握り、
自分たちの試合運びをしていました。

先制し、中押し、そしてダメ押し。
マジックを6にし、いよいよ東京ドームへ。

この週末で決めてしまうのか。
はたまた、さらに延びるのか。
中日も勢いがあるので、
簡単にマジックを減らすのは難しいでしょうが、
この1勝が、どのように運命を動かしていくのか。
気になるところです。

タイトルとURLをコピーしました