ついに稼働開始、横浜スタジアムのレフトウイング席。オリンピックも、ここで感動の瞬間を目撃し、共有したい。

野球

横浜スタジアムで今シーズンから新設された
レフト側のウイング席。

横浜DeNAベイスターズの試合では、
「THE WING STAR SIDE」として
命名されています。

ようやくの、稼働スタート

そんな横浜の新しいエリアも、
今シーズンは新型コロナウイルスの影響で
開幕の無観客から入場上限5,000人の制限が
あるうちは稼働できない状況が続き、
入場制限が緩和された9月19日より
ようやくの稼働をスタート。

少し経ってしまいましたが、
私も、その稼働がスタートした
9月19日の試合でレフトウイングを
利用して観戦しました。

専用の入場ゲートが出迎え、スタンドに向かう

外観もきれいな、レフトウイングの
専用ゲートから入場。

昨年新設されたライトウイングと同様に、
階段を上って

スタンドに入るという動線です。

この階段の踊り場のパネルも
レフトウイングに来たことを思わせ、
これから向かう戦いの場に向けて
テンション上げてくれますよね。

コンコースでは、関内駅方面から
スタジアムに向かう人の流れや
根岸線なども見えて、眺めも楽しめます。

本格的な中華料理が楽しめて
オープン早々人気の「濱星樓」も
このレフトウイングで営業しています。

見づらいエリアもあるけど、高い位置から俯瞰を楽しめる

レフトウイングからの試合観戦。

高い位置にあるので、もちろん高い視点から
観る感じになりますが、
昨年観たライトウイングと同様に、
思ったほどグラウンドと遠い印象もなく、
全体を俯瞰して観るのには良いかと思います。

この試合は、わけあり席を選んだので
ポールが打者と被ってしまいましたが、
内野寄りの位置を選べば問題ないかと
私は思います。

五輪も、この位置で楽しみたい

もともとは、今年に予定され、
来年に延期になった東京オリンピック。
横浜スタジアムは、そのオリンピックの
野球の開催会場となっていました。

そして、レフト・ライトにつくられた
ウイング席も、その五輪での戦いを目撃し、
感動を共有する場所となっていました。
私も、このウイング席のチケットを
確保していました。

開催に向けての課題もありますが、
来年、開催することができ、
選手たちの戦いを共有できればと思います。

タイトルとURLをコピーしました