季節の変化に気づける心の余白、常に持っておきたい。

写真

近所の緑道をゆっくりと散歩していた。
すると、目に入ったのは緑葉する銀杏。

この緑道にはいろいろな樹木が
あることは知っている。
1~2ヶ月ほど前であれば桜が花を咲かせ、
春の到来を知らせてくれた。

だけど実は私がこの緑道に銀杏の木が
あることに気づいたのは
このときが初めてだった。

身近なところにあるものながら
意外と気づかないものだなと。

そして、思っている以上に
心に余白はないのかもしれないなと。

また別の場所では
こんなに大きな花が。

こうした季節の変化に気づける心の余白を
常に持っておきたい。
そう思った近所での出会いだった。

タイトルとURLをコピーしました