主導権を握られ続けての5点ビハインドから大逆転!DeNAが巨人に連勝して5割復帰。

野球

本日10月18日。

横浜スタジアムでの横浜DeNAベイスターズと
読売ジャイアンツの一戦を現地観戦。

ホームで5割にしたいDeNA、優勝へ前進したい巨人

DeNAは5割目前で勝ったり負けたりも、
ここ6試合では4勝2敗。
4番佐野が、5試合連続ホームランと好調。

一方の巨人は首位独走して
優勝へのマジックも8としながらも、
ここ6試合では1勝4敗1分けと足踏み中。
とはいえ、大崩れはしていないので
ここまで同様、1つ1つ戦っていくのみ。

昨日の雨天中止も、
流れをどう左右するか気になるところです。

両チームスタメン

先発はDeNAは上茶谷。

巨人は畠。

試合経過

試合はいきなり初回、初球から動きます。

吉川尚輝が上茶谷の初球を叩いて
ライトスタンドへのホームランで
巨人が早々と1点を先制。

巨人は3回には坂本と岡本の連打で
チャンスをつくると、

丸の打球はセカンドゴロで併殺

と思われたが、ソトからのトスを
大和が落球して巨人が2点目。

さらに田中俊太がタイムリーを放ち、
巨人のリードは3点に。

上茶谷は守りのミスもあったが、
3回54球、被安打5の3失点で降板。

巨人は5回には畠のスクイズと
吉川尚輝のタイムリーで2点を追加。

常に次の塁を狙う姿勢で得た追加点でリードは5点に。

畠は6回までDeNA打線を
わずか2安打、無失点に抑える内容。

7回、DeNAはロペスとソトの連打で
ノーアウト1・3塁のチャンスをつくると、

続く柴田のタイムリーで1点を返す。

巨人はこの時点でも81球だった畠を交代。

DeNAはさらに伊藤光がタイムリー、
戸柱が四球を選んでノーアウト満塁。

このチャンスに梶谷が
ライトスタンドへの満塁ホームラン!

DeNAは5点差を跳ね返し6-5と逆転。

直後の8回表、DeNAは平田が
先頭打者を出すものの
併殺もあり3人で切り抜ける。

するとその裏に2アウトからチャンスをつくり、
戸柱が2点タイムリーを放つと、

梶谷が2打席連続のホームランで
DeNAは2桁得点に。

リードを5点に広げたDeNAは
9回は三嶋が1点を失ったものの、
10-6で試合終了。
逆転でこのカード連勝。
借金を完済し、勝率5割に復帰。

7回表まで試合の主導権を握りながら
敗れた巨人は中日が敗れたため
マジックは7に。
最短優勝は23日と、1日延びました。

DeNAがチャンスをものにし大逆転、巨人は畠交代が裏目に

序盤から試合の主導権を握った巨人。
畠が6回まではDeNA打線を2安打。
攻撃でも、常に次の塁を狙い
小刻みに加点するなど、ほぼ完璧な内容。

7回に畠に疲れが見えて失点したところでの
交代は確かに采配としては
間違いではなかったと思います。

そこでのチャンスを活かした
DeNAの攻撃が見事でした。

佐野の6試合連続ホームランは
なりませんでしたが、
梶谷の2本のホームラン、見事でした。

DeNAは次のカードが中日と。
阪神を含めた3チームでのAクラス争いは
最後までし烈になりそうです。

タイトルとURLをコピーしました