制限付きの出店は、改めて定番グルメの良さを見直す時期。恋する豚丼のお店が提供する、肉巻きおにぎりはスタジアムグルメには嬉しい要素いっぱい。

ぐるめも

制限つきながらも観客を入れて開催されている
今年のJリーグ。

ジェフユナイテッド市原・千葉のホーム、
フクダ電子アリーナでのホームゲームでは
観客の動員制限と同様に、
スタジアムグルメの売店も
店舗やメニューを限定して出店されています。

私も現地観戦時にスタジアムグルメを
利用してきました。

片手で食べやすい、肉巻きおにぎり

今回紹介するのは、
湾岸ケータリングサービスさんの
肉巻きおにぎり。

湾岸ケータリングサービスさんは
通常は南ゴール裏、アウェイ側のコンコースや
バックスタンドのコーナー付近に出店。

現在は南ゴール裏のみの出店です。
恋する豚丼などのグルメも有名。

今回購入した肉巻きおにぎりは、
おにぎりをお肉で巻き、
それを串に刺した商品。

片手で食べやすいので、
スタジアムグルメとしては
嬉しい一品です。

お値段は1本500円。

ぎっしりのごはんとお肉、ボリュームもたっぷり

こちらの肉巻きおにぎり。

シンプルなつくりではありますが、
ぎっしりのごはんをお肉で巻いており、
食べごたえは十分。

軽く食べやすく、なおかつ空腹も満たす。
スタジアムグルメとしては
嬉しい要素が詰まっています。

こちらは湾岸ケータリングサービスさんの
定番グルメの1つですが、
改めてこうしたものの良さを
見直してみるのも良いでしょうね。

場外の屋台村の出店ができず、
名物の喜作さんのソーセージ盛りも
販売ができないなど、
制限つきの出店で厳しい状況ながらも
今出店しているスタジアムグルメが
奮闘してくれています。

スタジアムグルメも、サッカー観戦における
重要なコンテンツの1つ。
こうした新戦力の頑張りも、
大きな力になってくれると思います。

タイトルとURLをコピーしました