本日5月18日、はじめての「ことばの日」。ここから、新たな文化をともにつくっていきましょう。

雑記

本日5月18日。
さて、何の日でしょうか。

かつては、元巨人の槙原寛己さんが
1994年に完全試合を達成したり、
「国際博物館の日」でもあるのですが。

今年から、新しい記念日ができました。

5月18日、ことばの日

新しい5月18日の記念日。

それは「ことばの日」

「ことばの日」とは、
「ことば」を大切にする日。

「ことば」を大切に使い、
「ことば」によって人と人とが
通じ合えることに感謝し、
「ことば」で暮らしをより豊かに
することを目指します。

「言葉の企画」から生まれた記念日

この「ことばの日」。

昨年開講された
「言葉の企画2019」の初回講義の課題
「一生忘れられない体験を考えてください」
に対する、企画生からのアイデアを
きっかけとしプロジェクトがスタート。

企画生同士のブレストや、
日本記念日協会の加瀬理事長との打ち合わせ、
ことばの日会議などを重ね、
「ことば」について多くの語り合いを経て、
「言葉の企画2019」最終回となる2019年10月5日、
正式に記念日として登録されました。

その歩みや皆さんの想いを寄せた
公式ホームページも公開されました。

ことばの日公式ホームページ-5月18日はことばの日
「ことば」を大切にする日。「ことば」を大切に使い、「ことば」によって人と人とが通じ合えることに感謝し、「ことば」で暮らしをより豊かにすることを目指します。

制定後、はじめての「ことばの日」

そして迎えた、本日2020年5月18日。
制定後、はじめての「ことばの日」。

Twitterのタイムラインでも
「#ことばの日」や関連するハッシュタグを
つけた投稿などでこの初めての
記念日を盛り上げました。

記念日とともにつくる、新たな文化を

制定後、初めてとなる
「ことばの日」を迎えた本日。

ですが、記念日登録することはゴールではなく、
この記念日を通しての文化作りが大事であり、
そういう意味ではスタートラインに
立ったとも言えると思います。

自分が普段使うことば。
それは、自分がいちばん一緒にいるものであり、
人生を表すものでもあります。

また、毎日ブログを書いたり、
SNSで発信する中でも使うことばは、
商売道具でもあることになります。

そんなことばと向き合うことは、
人生と向き合うこと。
より良いことばをつかうことで、
人生を明るく。

新たな記念日とともにつくる新たな文化。
私も、自分のできることで
この文化づくりに参加していきます。

タイトルとURLをコピーしました