今シーズン神宮最後の一戦。秋山の落ち着いたピッチングが流れを引き寄せ、連敗ストップ。

野球

本日9月27日。

神宮球場での東京ヤクルトスワローズと
阪神タイガースの一戦を現地観戦。

今シーズン最後の神宮での
このカードの3連戦の3戦目。
つまり、阪神にとっては
今シーズン最後の神宮。

3タテは何としても回避を

金曜日からの件でチームの足元がふらつき、
緊急昇格選手たちが奮闘するものの
接戦を2試合落として連敗の阪神。

大きく離されているとはいえ
独走中の巨人に最も近い位置におり、
3連敗は回避したい。

両チームスタメン

先発はヤクルトは吉田大喜。

阪神は秋山。

試合経過

初回、阪神はヒットの近本が
盗塁で2塁に進みチャンスを作ると、

2アウトから4番サンズのタイムリーで1点を先制。

しかしその裏、秋山は2アウトからピンチを招くと、
坂口にセンターオーバーの
タイムリー2ベースで2点を奪われ逆転される。

だが直後の2回、阪神は原口の
ホームランで試合を振り出しに戻す。

そして3回にはヒットと四球で
2アウト満塁のチャンスをつくると、
小幡の内野安打で阪神が逆転し3-2。

秋山は初回こそ2点を失ったが、
2回以降はヤクルト打線を1安打に抑え、
6回83球で被安打4、無四球で後に託す。

7回、阪神は満塁のチャンスを作ると、
原口が三塁線を破るタイムリーで2点を追加。

さらに満塁から中谷の押し出し四球と
近本の2点タイムリーで
この回大きな5点の追加点で8-2に。

リードが6点となり
試合の主導権を握った阪神は
継投でヤクルト打線を抑える。

9回にも1点を追加した阪神は
その裏に1点を失ったが9-3で勝利し、
今シーズン神宮での最後の試合を制しました。

秋山の落ち着き、流れを引き寄せる

決していいムードではなかった、
連敗中の阪神。

この日も、先制直後に
逆転されてしまうスタート。
そして雨も降りだす状況。

そんなズルズルと行ってしまいそうな
悪い流れを食い止め、
阪神に流れを引き寄せたのが
秋山の落ち着いたピッチング。

2回以降は坂口の2ベース1本に抑え、
無四球と制球も安定。

そして、すぐに打線も同点、逆転と
援護したことも大きかったです。

チームは厳しい状況だけど、
ここで出場機会を得た選手が結果を出し、
経験値にしていきたいところ。

この1勝を、これからにつなげましょう。

タイトルとURLをコピーしました