主導権を握ったゲームも、クロージングの難しさを改めて知る。

野球

本日9月20日。

神宮球場での東京ヤクルトスワローズと
広島東洋カープの一戦を現地観戦。
このカード3連戦の3戦目。

両者1勝1敗、迎える3戦目

この3連戦は、金曜日はヤクルトが
猛打爆発しての勝利。
そして昨日は延長戦の末、
広島が勝ち越して勝利し、
1勝1敗で迎える第3戦。

連休中で連戦となるため、
カード勝ち越しで次につなげたいところ。

両チームスタメン

先発はヤクルトは小川。

前回登板の巨人戦では敗れたものの
6回3失点の内容。
今シーズンは安定した投球を続け、
ここまで8勝を挙げています。

広島は中村。

今シーズン初の一軍登板。

試合経過

初回、小川が広島打線を
三者凡退の完璧な立ち上がり。

するとその裏、濱田が左中間に
先頭打者ホームランを放つと、

続く青木もホームラン。

さらに山田もホームランで続き

先頭からの三者連続ホームランで
ヤクルトが3点を先制。

その後は両先発投手が
落ち着いたピッチングで
3-0のままゲームが進む。

次の得点は5回。
広島は田中がライトへの2ベースで出塁し、
磯村の打球を山田が後逸し1点を返す。
なおも広島のチャンスだったが、
小川と守備陣が踏ん張りリードを守る。

その裏、小川がヒットで出塁。
青木が四球で1・2塁になると、
中村にアクシデント。

治療はしたものの交代。
この回の小川のヒットと初回の3連発の
4安打に抑えていただけに悔しい交代に。

ヤクルトは満塁のチャンスを作ったが、
村上が三振で追加点ならず。

6回、ヤクルトはノーアウト満塁のチャンス。
ここで西田がセンターに2点タイムリー。

さらに濱田の内野ゴロと青木のタイムリーで
ヤクルトに大きな4点の追加点。

7回にも村上がセンターバックスクリーンを
直撃する一発でヤクルトが8点目。

8回まで1失点と広島打線を
抑えていた小川は9回もマウンドへ。

しかし、その9回は疲れもあり、
2アウトまでは取ったものの
7安打を打たれて5失点。
8-6と一気に2点差となって
守護神石山にマウンドを託す交代。

8回終了時点で100球を超えており、
やはり9回のマウンドは厳しかったのか…

その後広島は2アウト1・3塁のチャンスで
2日前にプロ初ホームランの正随を送るも、
三振でゲームセット。

序盤からのリードを何とか守り抜いた
ヤクルトがこのカードを勝ち越しました。

主導権を握ったゲームも、クロージングの難しさを知る

いきなりの三者連続ホームラン。
1点を失った後、流れを失わずに
追加点を挙げて主導権を握っていたゲーム。

8回まで100球を超えていたとはいえ
1失点で抑えていたエース。
このまま一方的にクローズするかと
思われた9回の猛攻。

クロージングの難しさを
改めて感じさせる一戦となりました、

それもこれも、阪神戦でない
フラットな目線で野球を見れたから
わかったことでもあるように思います。

コロナで開幕が遅れた今年のプロ野球も
各チーム80試合前後を消化し、
残りは3分の1ほど、あっという間に終盤戦へ。

野球のある日常。
選手たちのプレー。
そして試合開催を支えてくれている人たち。
しっかりとそれらに感謝しながら
残りのシーズンを楽しんでいきます。

タイトルとURLをコピーしました