フィールドが変わる今、できることをやって変化を楽しむ。『#NEWWORLD2020』DAY3 イベントレポート

イベント

4月22日よりオンラインで
開催されているイベント『#NEWWORLD2020』

私も連日参加しており、
こちらは、4月24日のDAY3の
レポ記事となります。

激動の時代、私たちはどう立ち向かう?

新型コロナウイルスの感染拡大、
政府による緊急事態宣言の発令や
各自治体による外出自粛要請。

それらによって経済活動には大きな影響。
私たちは大きな時代の変化を
目の当たりにしています。

この時代の変化で生きていく私たちが
どう立ち向かっていけばいいのか。

各業界をリードするゲストの皆さんを
ゲストに招き、この変化の時代の
生き方などについて探っていく。

そんなイベントとして開催されました。

第1部 枌谷力さん

第2部 松尾茂起さん

第3部 安達裕哉さん

リアルからオンラインへ。できることをやって変化を楽しむ

4月13日の夕方に開催が決定し、
4月16日にリリースされ、
ものすごいスピード感で開催された
この『#NEWWORLD2020』。

1人30分のトークにおいても、
そのスピード感、機動力を
強く感じるイベントとなりました。

昨今の新型コロナウイルスの影響で、
仕事のベースがオンラインに移行。

その結果、オフラインで利点となっていた
実力以外の要素は全く役に立たないものに。
良質なコンテンツ=商品力と
ソーシャル=伝える力が重要になり、
それはベースとなる現実世界での
行動が重要になってきます。

オンラインがベースとなるということは、
コミュニケーションにおける
言葉の使い方にも変化が出ます。

オンラインでは、オフラインで伝えられた
情報を伝えていくことが難しくなり、
正論の尖ったことばよりも、
相手に寄り添う言葉だったり、
透明性の高い言葉で信頼性を得る
必要があります。

これは何が必要かを
適切に汲み取って発信する力であり、
オフラインでの言葉以外の情報の
部分でもあるように思います。

この状況でストップしている世の中だし、
アフターコロナを考えても
どんな未来になるかはわからない。
だったら、どうしていきたいかを考え、
今できることをやってこの変化を楽しむ。

そうして試行錯誤しながら前に進む。
それが大事なのだと思います。
小さくても、できることをやっていきましょう。

登壇のお三方
モデレーターの飯髙悠太さん
ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました