最少得点を守り抜いた先発投手、チームに流れを呼び込む!

野球

本日9月17日。

神宮球場での東京ヤクルトスワローズと
横浜DeNAベイスターズの一戦を現地観戦。
このカード3連戦の3戦目。

連勝したいヤクルト、踏ん張りたいDeNA

前日の第2戦は7回に逆転し、
連敗を6で止めたヤクルト。

一方、勝ちきれないゲームも増え、
首位巨人とは12ゲーム差まで
広がった3位DeNA。
ここが踏ん張りどころ。

両チームスタメン

先発はヤクルトは高梨。

今シーズン10試合の先発で2勝4敗。
DeNA戦は2試合目の先発。

DeNAはピープルズ。

ここまで8試合の登板で2勝1敗。
ヤクルト戦は2試合で1勝1敗。

試合経過

試合が動いたのは2回。

ヤクルトは先頭の坂口がヒットで出塁。
続く廣岡のショートゴロで
併殺かと思いきや柴田が悪送球。

ボールがそれる間に
坂口が一気にホームイン。


ヤクルトが1点を先制。

直後の3回、DeNAは
8番9番の連打でチャンスを作るも、
高梨が踏ん張り、守りで救い0に抑える。

高梨は再三ランナーを背負い、
5回で89球を要しながらも、
なんとか無失点で踏ん張り、
勝利投手の権利を得てリリーフへ。

その裏、濱田がプロ初ホームランを
センターに放ち、

さらに青木のタイムリーと
坂口の犠牲フライでヤクルトが追加点。

リードを4点に広げたヤクルトは
6回、近藤がマウンドに上がり

DeNA打線を抑えると、
その裏、中山が山﨑から
レフトへライナーでホームランを放ち、

ヤクルトのリードは5点に。

7回には西浦のタイムリー、
廣岡の犠牲フライ、濱田のタイムリーで
9-0とヤクルトの一方的なゲームへ。

ヤクルト投手陣が継投で
DeNA打線を完封。

ヤクルトが9-0で勝利し連勝。


このカード勝ち越しを決めました。
DeNAはこのカード負け越しで貯金0に。

高梨の踏ん張りが、チームに流れを呼び込む

今回は阪神戦ではなく、イベントも開催され、
野球をフラットな目線で見て、
イベントも含めて楽しむいい機会に。

終わってみればヤクルトが
9点差で勝利する一方的なゲームでしたが、
5回表までは最小得点の接戦。

ヤクルト先発の高梨が毎回のように
得点圏にランナーを背負いながらも、
この1点を守りきったこと。

それがチームに流れを呼び込み、
5回以降の追加点につながったように思います。

このカード勝ち越しが
チームにどんな影響を及ぼすのか。
シーズン後半の戦いに
何かを起こせると面白くなってきます。

タイトルとURLをコピーしました