雨の中断はもちろん、早々のビハインドを今以上に広げない粘りの投球が流れを引き寄せた!ヤクルトが後半の2桁得点で連敗をストップ。

野球

本日9月6日。

神宮球場での東京ヤクルトスワローズと
中日ドラゴンズの一戦を現地観戦。
このカード3連戦の3戦目。

連勝を伸ばしたい中日、打線をつなげたいヤクルト

前日の第2戦、延長10回に勝ち越し、
連夜の接戦を制して連勝した中日。

一方、打線が15安打とヒットが出るものの、
つながりを欠きあと一本が出ず連敗のヤクルト。

両チームスタメン

先発はヤクルトは小川。

今シーズン7勝を挙げ、
8月15日のノーヒットノーランなど
ここ3試合は3連勝中。

中日はロドリゲス。

前回登板の巨人戦は敗れたものの、
それ以外の試合では6~7回を2点以内に抑え、
先発の役目を果たしています。

試合経過

試合は初回から動きます。

中日はヒットの大島を2塁に置き、
2アウトからビシエドがサード強襲の
タイムリーを放ち1点を先制。

その裏、ロドリゲスは先頭の塩見にヒット、
3塁まで進まれるが、村上を見逃し三振で
ゼロに抑える。

2回以降、両先発投手が落ち着き、
テンポよく試合が進む。

しかし、5回終了後に雨が強くなり中断。
この中断で流れに変化が。

直後の6回、ヤクルトは
塩見と坂口の連打でチャンスを作り
山田のタイムリーで同点に追い付くと、


雄平とエスコバーもタイムリー。

さらに中村の内野ゴロで1人生還。
この回6安打を集中させて5点を取り逆転!

ヤクルトは7回にも
雄平がレフトオーバーの2点タイムリー

8回には西浦と廣岡がホームランで
2桁得点と一方的なゲームへ。

小川は初回に失点したものの、
2回以降は落ち着いた投球で
8回を106球、被安打4の内容。

中日は9回にビシエドのホームランと
阿部のタイムリーで2点を返すも、
ヤクルトが大量リードに守られ
10-3で試合終了。
ヤクルトが連敗をストップする1勝に。

阪神戦以外を、野球をフラットな目線で楽しむ

今回、阪神戦ではなかったので、
野球を、フラットな目線で楽しむいい機会に。

早々に試合が動いた初回から、
両先発投手のテンポ良い投球で進んだ5回まで。
そこから、豪雨での中断で変化した流れ。

前半から後半の流れが変化した
雨の中断はもちろんのことですが、
先制されてビハインドを背負いながらも
それ以上の失点はせずに自分の投球を
し続けた小川のピッチングは大きかったと思います。

1つのことで変化する流れももちろんのこと、
ビハインドでも腐らずに今以上に失点しない。
その大切さがわかる試合だったように思います。

阪神戦と違い、フラットな目線で
野球を楽しめたゆえの気づきだったかもしれません。

こうしたフラットな目線で純粋に野球を楽しむ機会も
少しずつでも増やしていきたいです。

タイトルとURLをコピーしました