先制も流れをつかみきれず、3連勝はならず。

野球

本日8月23日。
神宮球場での東京ヤクルトスワローズと
阪神タイガースの一戦を現地観戦。
3連戦の第3戦。

ヒヤヒヤながらも連勝の阪神、切り替えて勝ちたい

前日の第2戦。
西の好投と打線の効果的な加点で6回まで7-0も、
そこから流れが変わり、追い上げられて
かろうじて逃げ切り連勝した阪神。

良くなかった終盤の流れを引きずらず、
また新しい一戦としてこの試合に臨み、
カード3連勝したいところ。

両チームスタメン

先発は阪神は秋山。

ここまで7試合の登板で
防御率は3.80ながら4勝。
ここ2試合は日曜日に先発し
6回1失点、5回無失点。

ヤクルトは小川。

前回登板ではノーヒットノーランを達成。

試合経過

初回、内野安打の近本を上本が送り、
2アウト後にサンズがタイムリー。

阪神が1点を先制。

しかしその裏、秋山が坂口に
先頭打者ホームランを打たれて1-1。

2回、秋山はエスコバーと山崎の連打で
ピンチを招くと、2アウトから
投手の小川にタイムリーを打たれ1-2。

ヤクルトに勝ち越しを許す。

3回4回と両者無安打無得点と
落ち着いたかに見えたゲームは5回に動く。

木浪と坂本の連打でチャンスを作り、
秋山のバントが小川の野選となって
阪神が同点に。

しかし勝ち越しはできず、
秋山は6回91球で交代し
勝ち投手の権利は得られず。

7回、代わったガンケルがピンチを招く。
2アウトは取ったものの、
坂口のライトに抜けようかという当たりを
ボーアが押さえたが内野安打になり
ヤクルトに勝ち越し点を奪われる。

8回には山崎の犠牲フライで1点を追加。

阪神打線は最後までヤクルト投手陣を
打ちきれず、2-4で試合終了。
このカード3連勝とはなりませんでした。

先制も、流れは最後までつかめず

この試合も初回に先制し、
連勝の勢いと前日終盤の良くない流れを
引きずらない期待がみられました。

しかし、直後の坂口の先頭打者弾、
2回の小川のタイムリーと、
流れを自ら手放してしまい苦しい戦いに。

こうして流れをつかめず勝ちきれない。
3連勝ができない。
強いチームとの小さくも大きな差のように感じた、
東京での6連戦のラストでした。

タイトルとURLをコピーしました