横浜スタジアムでPayPayが使用可能に!スタジアムでのキャッシュレス対応に、大きな前進!

マネーのお話

先日、今シーズンになってから
初めて現地観戦した横浜スタジアム。

今シーズンから新設されたレフトウイング席など、
2017年のシーズンオフからの大規模改修が完了。

延期となってしまった東京オリンピックの
野球の会場でもあるこの横浜スタジアムは、
新しくてきれいなスタジアムへと変身。

PayPayが使用可能に!

そんな横浜スタジアムでは、
キャッシュレス決済にも変化が。

スマートフォンでのコード決済サービス
PayPayとau PAYが観客動員を開始しての
最初のホームゲームだった7月17日より
スタジアムで使用可能になりました。

私は、PayPayは使用しているので、
この記事はPayPayに絞って書きます。

横浜スタジアムで「PayPay」が使える!7/17から利用可能に - PayPayからのお知らせ
©YDB 2020年7月17日から、プロ野球開催時の横浜スタジアムにおいて、「P...

現金のやり取り不要で便利、安全に!

このPayPayの利用開始については、
横浜スタジアム内の飲食売店やグッズショップ、
コンコースでの売り子さんでの購入での
代金支払いで利用できます。

私も、試合観戦した当日、
飲食売店と売り子さんからの購入で
PayPayを利用しました。

現金のやり取りが不要なので、
お釣りなど小銭をやり取りする
手間を省くことができますし、
現金接触の機会を減らすことで
ウイルス感染のリスクを減らすことができ、
安全性にもプラス。

特に問題なくPayPayで決済でき、
これはいい!と思いました。

現状では上限5,000人であり、
通信環境には問題はなさそうですが、
今後、動員する観客数が増えたときに
安定した通信環境を確保できるかどうかが
ひとつ今後の課題かもしれません。

もちろん、飲食売店では
従来通りのクレジットや交通系電子マネーも
使用でき、スタジアムでのキャッシュレス決済の
選択肢が増えるのはありがたいことですね。

タイトルとURLをコピーしました