自分の働き方を自分で選び、自分の人生を自分でつくる。朝渋ONLINE『自分の人生に夢や目標を持って、自分らしく働く秘訣』イベントレポート

イベント

5月5日の朝、
朝渋ONLINEで開催されたイベント
『自分の人生に夢や目標を持って、自分らしく働く秘訣』
に視聴参加しました。

朝渋でゴールデンウイーク期間中に
配信する再放送フェスのDAY9として
2020年1月に開催されたものの
再放送として開催されました。

ゲストはピョートルさん

この時のゲストは
ピョートル・フェリクス・グジバチさん。

著書『NEW ELETE』などで、
楽しみながら仕事をすることで
社会参加して自己実現をすることの
大切さを語るピョートルさん。

2020年1月22日に新刊
『CREATE WORK』を出版しました。

自分にとって仕事とは?

仕事とは、人に何らかの価値を提供することと
話されたピョートルさん。

「あなたにとって仕事とは?」を問い、
いかに組織に所属しながら、
社内外で自分の価値を高めていくか。

自分の人生をデザインしていく
ヒントについてお話しいただきました。

命に期限があることを忘れず、自分が変えられるものから変えていく。自分の人生を自分でつくる

私たちのほとんどはこの社会で生きる限り
付いてくる「働く」こと。

そんな私たちにとって
仕事とは何でしょうか?

変化の激しい現代。

自分の定義や常識について、
常になぜ?と問うて疑いを持ち、
その時その時で自分にとって最適な
働き方や働く環境などを選んでいく。

キャリアカスタマイズの7要素

・成長
・スピード
・業務負荷
・役割
・学び
・働き方
・場所

何を重要視していくのかを
定期的に考えることも大事ですね。

働いていく中でもそうですし、
働くに限らず生きていく中で起こる
さまざまなこと。

変えられるものもあれば、
変えられないものもあり、
その中には自分にとって不本意なものも。

その時に、目の前のことに文句や愚痴を
言うことも確かにできます。

ですが、そうして愚痴を言ったところで
事態が良くなるわけではありません。

ピョートルさんが人生の中で
大切な人の死に直面したときに
愚痴の愚かさに気づくと同時に、
自分があと何年生きられるかといった
「命の期限」について考えたとのこと。

死は誰にでも必ず訪れるもの。
愚痴を言いたくなるような状況で、
ではどうすれば変えられるのかを考え、
変えられるものは変えていく。
変えられないものは疑ってみる。

そうすることで、関わる人・もの・こと。
それらを自分事にして自分の人生を
自分でつくっていく。
自分のできることをやっていく。
その大切さに気づかせていただきました。

『CREATE WORK』も購入し、読んでみます。
ピョートルさん、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました