横浜スタジアムで人気のベイスターズオリジナルビール、2020年の新商品はBAYSTARS WHITE。さわやかで飲みやすく、夏向けの1杯。

ぐるめも

横浜DeNAベイスターズのホーム、横浜スタジアム。
先日、試合当日にチケットが入手できて
試合観戦する機会があり、
試合と合わせてスタジアムグルメも
楽しみました。

今シーズン新登場「ベイスターズホワイト」

横浜スタジアムでは、球団オリジナルのビール
「ベイスターズラガー」
「ベイスターズエール」
は大人気ですが、そのオリジナルビールに
今シーズン新たな顔ぶれが。

それがこちらの「ベイスターズホワイト」

さわやかで飲みやすい、夏向けの一杯

こちらの「ベイスターズホワイト」は
国産小麦を使用し、醸造元木内酒造ゆかりの
茨城県産小麦と地元・神奈川県産小麦をブレンド。

実際に飲んでみると、さわやかで飲みやすく、
夏場の観戦には特におすすめだと感じました。

お値段は800円。

コンコース内売店で購入可能

こちらはスタジアムの
コンコース内の売店で購入でき、
クレジットや交通系電子マネー、
PayPayも使用可能です。

ベイスターズプロデュースの
このオリジナル醸造ビール。

カップも銘柄をあしらった
オリジナルのおしゃれなもので、
野球観戦のおとものビールも
楽しみが増えますね。

今年はこういう状況であり、
横浜スタジアムに行くのも難しい状況ですが、
行ける限り観戦し、またスタジアムグルメの
レポート記事も書きたいと思います。

こういう球団やスタジアムオリジナルの
クラフトビールは各球団に
広がってくれると嬉しいですね。

タイトルとURLをコピーしました