横浜スタジアムの新名物として定着、ベイスターズドッグ。食べごたえのある一本、野球観戦のおともに最適!

ぐるめも

横浜DeNAベイスターズのホーム、横浜スタジアム。
先日、試合当日にチケットが入手できて
試合観戦する機会があり、
試合と合わせてスタジアムグルメも
楽しみました。

横浜スタジアムの新名物「ベイスターズドッグ」

今回購入し、食べてみたのが
ベイスターズドッグ。

2016シーズンから横浜スタジアムで販売され、
今年で5年目になるスタジアムの新名物グルメ。

厚木ハムが自社農場で育てた豚肉を使用、
保存料や着色料を使用しない
オリジナルのあらびきソーセージが
食べごたえのあるドッグパンに挟まれた
ホットドッグ。

ハラペーニョを乗せたものが
特に人気とのことですが、
私はハラペーニョ抜きのものにしました。

食べごたえしっかり、片手で食べられる

実際に食べてみると、大ぶりなソーセージと
食べごたえのあるドッグパンで
ボリュームもしっかりと感じ、
美味しくいただきました。

ホットドッグって、片手で食べられるので
野球観戦のおともには特に嬉しいですね。

お値段はハラペーニョ入りが700円。
ハラペーニョ抜きで550円。

内野STAR SIDEコンコースで購入可能

こちらはスタジアム内野の
3塁側 STAR SIDEコンコース内の売店で購入でき、
クレジットや交通系電子マネー、
PayPayも使用可能です。

感染対策で、昨年までよりも
待ち時間は多少長くなりそうですが、
購入した日は入場者数5,000人制限があり、
待機列はスムーズに流れて
待ちも少なく購入し受け取りができました。

今年はこういう状況であり、
横浜スタジアムに行くのも難しい状況ですが、
行ける限り観戦し、またスタジアムグルメの
レポート記事も書きたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました