取材マインドで、自分のフィルターを通した人生は全部ネタに。朝渋ONLINE『SNSで話題&ヒット連発の編集者が教える「伝わる文章術」』イベントレポート

イベント

本日8月5日、朝渋ONLINEで開催されたイベント
『SNSで話題&ヒット連発の編集者が教える「伝わる文章術」』に視聴参加。

ゲストは竹村俊助さん

今回のゲストは、竹村俊助さん。

編集者として、多くのヒット作に携わり
活躍してきた竹村さん。

7月30日には『書くのがしんどい』を
を出版されました。

書籍のタイトルでもある「書くのがしんどい」
書くことへの悩みについて、
その原因や打破するためのヒントなどを
お話しいただきました。

「書く」お悩みに向き合う、トークセッション

今回は基調講演なし
全編トークセッションという内容。

言葉で世界を変える、WORDSさん

竹村さんの会社WORDSについて。

スライドにも書かれているように、
「伝わらない」ことで起こる問題があり、
もうちょっとうまく伝えられるのにもったいない。

ちょっと言葉や伝え方を変えれば
もっと伝わるのに。
そういったことは世の中に多々あります。

WORDSさんでは、言葉を通して
コミュニケーションの問題を改善し、
世の中を変えていくことをされています。

書くことは特別じゃない、伝える手段のひとつ

さて、書くのが、しんどい。
書くことについてくるお悩み。

そこには、「書く」を特別なこととして
考えてしまっていることがあるかもしれません。

文才のある人、文章の上手い人しか
できないことではありませんし、
何なら文才がないことを自覚している私が
こうして7年ブログを続けられているわけですから。

それに「書く」とは目的のないことば。
誰かに伝える、何かを伝える。
あくまでそのための手段でしかないのです。

メンタルが、人の評価が書く邪魔をする

ではなぜ書けなくなってしまうのか。
その原因がメンタル。

SNSなどで、他人の評価は嫌というほど
見せつけられてしまうこの現代。
何かの物事よりも人の目の方が怖い。
そこにも通ずることです。

また、他人からの評価を基準にすると
期待値からの上下に振らされてしまいます。

他人からの評価とは別に、
自分なりの達成基準を持っておくと
いいのかなと私は思います。

例えば毎日書いている人だったら、
今日も連続更新を続けられたから優勝、とか。

上手くいかないのが当たり前だと考えて
期待値を低くすることが
メンタルを保つために大切ですね。

書く力の重要性

これからの時代には特に
「存在を示す」ことが大事になってきます。

書く力、表現することは、
自分を知ってもらうこと。

書くことはその手段の1つであり、
書く以外が好き、得意な人なら、
書くにこだわる必要もないかもしれませんね。

書く以前の思考法

自分の表現をしようとすると、
「自分のこと」を書こうとしてしまい、
書けなくなってしまうのではないでしょうか。

それよりも、「自分のフィルター」を
通して見た世界や日常で出会ったことや
経験したこと、感じたことなどを書く。

たとえ同じことであっても、
自分にはどう見えたか、自分はどう感じたか。
この視点があると、書くことは
オリジナルなものになっていきます。

編集長マインド、取材マインドで
「人生全部ネタ」としてとらえていけると、
たのしいですよね。

文章を届ける方法

取材マインドを持って日々を生きる!

最後に、竹村さんからひと言。

取材マインド、編集長マインドで生きることは、
日常の中でネタを探したり、
経験をどうやってネタに昇華するかという
捉え方の変化につながっていきます。

私も、日々起こることや体験したことについて、
「これどうやってブログネタにするかな?」
とはいつも考えています。

人生はすべてがネタ。
取材マインド、編集長マインドを持ち続け、
出会うものや経験することをすべて自分の糧にし、
自分のフィルターを通して
アウトプットを続けていこうと思います。

竹村俊助さん、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました