日常の小さなことに敏感に。そうして自分の納得感に正直に生きよう。読書メモ288-『勝者の思考回路』

読書

柴田陽子さんの
勝者の思考回路 成功率100%のブランド・プロデューサーの秘密
を読みました。

ブランドプロデューサーが綴る、勝者の思考回路

ブランドプロデューサーとして
企業のブランディングやコンサルティングで
活躍する著者の柴田陽子さん。

ささいなことでも感想を持ち、
小さなことでも丁寧に大事にし、
現在のご自身の姿を築いてきました。

本書は、そんな柴田陽子さんが
2020年2月に出版した最新刊。

ご自身の経験などにも触れながら、
日々の小さな経験を「価値」に変えていく
ヒントについてまとめられています。

本書の章構成

序章 どんな時代にも通用する「ブランドプロデュースの思考回路」
第1章 「勝者の思考回路」の基本
第2章 「勝者の思考回路」を生んだストーリー~幼少期から学生時代
第3章 「勝者の思考回路」を生んだストーリー~仕事に就いてからの私
第4章 これからの時代を生きるあなたに知ってほしいこと

読書中のツイート

特別なことは必要ない、日常をしっかりと自分事に

人生において成功したいとか、
飛び抜けた存在になりたいとか、
幸せになりたいと思う人は
多いかと思います。

それと同時に、その成功や幸せ、
飛び抜けるのを特別なことと
考えてしまいがちに。

ですが、本当に大切なことは
日常の小さなことの中にありますし、
そこでの学びをしっかりと自分事にして
それを積み重ねていくことが
長い目で見ると大きな差に
つながっていきます。

日常の小さなことでも、
気づくことや感じることは
本当はあるはずなのですが、
変化が激しく、多くの情報が入ってくる
現代の世の中においては
ついつい素通りしてしまっているだけ。

日常で起こることのすべてを
自分事にして少しだけでも丁寧に、
感じたことを素通りさせずに感想として形成し、
そして自分の感じたことに正直に行動してみる。

そこで他人の評価などを
気にする必要はありません。
みんな一緒である必要はないのですからね。

自分の納得感に正直に、
全力でやってみることで
道が開けると思いますし、
それこそが自分の人生を自分事にし、
自分が主役の人生を生きることだと思います。

私も、日常で起こることや関わることの
中で感じたことを大事にし、
自分の納得感に正直に生きていくことで
自分の生きる価値をつくり、
理想の未来をつくっていきます。

タイトルとURLをコピーしました