誰もが発信者の時代。他者に対する想像力を持ち、社会を良くする力に。『Withコロナ時代のPRについて話そう』イベントレポート

イベント

4月27日にオンラインで開催された
PR Table Community主催のイベント
『Withコロナ時代のPRについて話そう』に参加。

コミュニケーションのあり方が変わる今、PRは?

新型コロナウイルスの感染拡大により、
企業と個をとりまくコミュニケーションは
そのあり方について再編を
余儀なくされている昨今。

日常生活のオンライン化、
企業のDX推進などが加速するなか、
PRとして今後求められる役割はなにか。

ゲストスピーカーの

嶋 浩一郎さん

松原 佳代さん

三浦 崇宏さん

河 炅珍さん

の4名が、

菅原 弘暁さんのモデレートにより、
Withコロナ時代のPRについて、
熱く語り合いました。

Withコロナ時代のPRとは

休憩とちょっとトラブルを挟んでの後半戦…!

変化する世界、そしてPRは

SNSなどの台頭により、
あらゆるものがメディア化し、
マスとソーシャルの関係も変化した現代は、
自分自身もメディアであり、
誰しもが影響力がある人になり得る時代。

そこでは、私たちは情報の循環の中におり、
一方でその情報の質も千差万別。

だからこそ、一次情報にあたり、
そして自分の頭で考えて
自分の意見をひねり出す。

そういった、発信を前提とした
メディアスタンスが大切になります。

社会が大きく変わっていく中で、
本質、大切なところを見極め、
倫理と教養、広い視野と高い視座で
他者に対する想像力を持つ。
そして、社会を良くする力にしていく。

私もブログを毎日書いて発信しており、
改めて発信者としての学びを得た
今回のイベントでした。

登壇者の皆さま
そしてTwitterのタイムラインを
盛り上げてくださった皆さま
ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました