2020年の高校球児たちが「あの夏」を取り戻すために力を終結!クラウドファンディング「2020年の失われた夏の甲子園を取り戻したい あの夏を取り戻せプロジェクト」実施中です!!

告知

2020年の夏、新型コロナウイルスの
世界的な拡大に伴い、
戦後はじめて中止となった
通称「夏の甲子園」と呼ばれる
全国高等野球選手権大会。

甲子園という高校野球の大舞台。
そこでの活躍の場を失った
当時の高校球児たちによって
立ち上がった
「あの夏を取り戻せプロジェクト」による
クラウドファンディング
「2020年の失われた夏の甲子園を取り戻したい あの夏を取り戻せプロジェクト」
が実施中です。

うぶごえ | 2020年の失われた夏の甲子園を取り戻したい あの夏を取り戻せプロジェクト
2020年夏、世界的な新型コロナウイルス感染拡大に伴い、戦後初めて「全国高等学校野球選手権大会」―通称「夏の甲子園」―が中止となりました。当時の高校球児たち約1,000名が集結し、失われた夏を取り戻すためのプロジェクトを実施します。

高校球児の希望を奪った、世界的な感染拡大

2020年。
新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により
スポーツ界にも大きな打撃を被りました。

高校野球についてもそれは例外ではなく、
春の選抜大会、夏の全国大会とも中止に。

「夏の甲子園」と呼ばれる
全国高校野球選手権大会は
戦後はじめての中止となってしまいました。

3年生はこの夏の大会を最後に
高校野球から引退する選手も多く、
多くの選手がこの大会を目標に
がんばっており、いわば「生きる希望」とも
なっている大会。

その夏の大会の中止は
多くの高校球児から「生きる希望」を
奪うこととなりました。

大舞台を失った仲間たちが集う

大会中止にいたった経緯としては
いたしかたないものがあります。

ですが、誰にとっても
高校球児でいられる期間は
限られているもの。

プロジェクトを立ち上げた大武優斗さんは
大会の中止が決まってから
3年経った今でも、ことばにできない
無念の思いを持ち続けているとのこと。

甲子園という大舞台で活躍する機会を
失った野球仲間と何かできることはないか。

そんな思いから、当時の全国49校
1,000名の選手たちに呼びかけ、
立ち上がったのがこのプロジェクト。

11月、甲子園で開催!!

プロジェクトが立ち上がったのは2022年。

立ち上げ直後の2022年10月には
私が運営サポートで参加している
朝のイベントのHills Breakfastにも
登壇していただき、
当時の無念や、この活動への想いを
お話していただきました。

課題もできることもつくりたい未来も、まずは自分の近くから。Hills Breakfast vol.127
本日10月26日の朝、開催された朝のトークイベントHills Breakfast vol.127。 Hills Breakfastとは? Hills Breakfastは、多様なテーマのゲストスピーカーが、自らのアイディアや活動を・1枚20...

そして2023年3月9日。
阪神甲子園球場での大会開催が
決定しました。

プロ野球のシーズン終了後の
2023年11月29日から12月1日までの3日間。

11月29日に阪神甲子園球場でのセレモニー
11月30日と12月1日に兵庫県内の野球場での
参加チームによる交流戦が行われます。

スケジュール・参加方法

11月29日からの大会開催に向けて実施中の
クラウドファンディングプロジェクト
「2020年の失われた夏の甲子園を取り戻したい あの夏を取り戻せプロジェクト」

うぶごえ | 2020年の失われた夏の甲子園を取り戻したい あの夏を取り戻せプロジェクト
2020年夏、世界的な新型コロナウイルス感染拡大に伴い、戦後初めて「全国高等学校野球選手権大会」―通称「夏の甲子園」―が中止となりました。当時の高校球児たち約1,000名が集結し、失われた夏を取り戻すためのプロジェクトを実施します。

1,000人を超える方からの支援を受け、
少しずつ支援金も集まりつつあります。

現在受付中の支援は1,000円から
多様なコースが用意されています。

リターンもそれぞれ異なりますが、
それぞれの形で、このプロジェクトへの、
当時の高校球児たちの力となっていきます。

詳細については、
「2020年の失われた夏の甲子園を取り戻したい あの夏を取り戻せプロジェクト」
のページを参照ください。

2020年の夏を完結させ、新たなステップへの後押しを

甲子園。
それは多くの高校球児にとっての夢の舞台。

しかしながら、2020年の高校3年生たちは
そこに挑戦することすらかないませんでした。

2020年の高校3年生が
高校3年生でいられるのは
2020年だけなのですから。

そこから3年がたったものの、
無念を抱えた彼らが力を合わせ、
完結させて次に進むステップに
しようとしている2020年の夏。
その場としての甲子園での大会なのです。

私も微力だとは思いますが、
こうして記事を書いてシェアすることで
彼らの後押し、お手伝いを
少しでもできたら幸いです。

クラウドファンディング
「2020年の失われた夏の甲子園を取り戻したい あの夏を取り戻せプロジェクト」

うぶごえ | 2020年の失われた夏の甲子園を取り戻したい あの夏を取り戻せプロジェクト
2020年夏、世界的な新型コロナウイルス感染拡大に伴い、戦後初めて「全国高等学校野球選手権大会」―通称「夏の甲子園」―が中止となりました。当時の高校球児たち約1,000名が集結し、失われた夏を取り戻すためのプロジェクトを実施します。

支援募集期間は2023年12月1日まで。
直接の支援ももちろんありがたいですが、
SNSなどでシェアすることで
一人でも多くの人に知ってもらうことも
大きな力になります。

よろしかったらこのプロジェクトで
彼らの想いを、次への一歩を
一緒に応援していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました