ひとりひとりの歩みが、激しい戦いの原動力に。映画メモ124-『THE FIRST SLAM DUNK』

映画

映画『THE FIRST SLAM DUNK』を鑑賞しました。

昨年12月の公開以来、
話題となり大ヒットした本作。

公開から半年以上たちましたが、
私もようやく映画館で鑑賞できました。

現在は少しでも鑑賞時間帯の調整をできるように
時間帯別上映を実施しており、
現在は昼帯上映が行われ、
7月27日までは11時~15時までの時間帯で
各地の映画館で上映されています。

私は7月14日から7月20日まで行われていた
8時~11時までの朝帯上映「朝練」で鑑賞しました。

大人気『SLAM DUNK』の映画版

1990年代に週刊少年ジャンプでの連載や
アニメなどで大人気となった
バスケットボール漫画『SLAM DUNK』

その『SLAM DUNK』が映画化された本作では、
原作でも激しい戦いが繰り広げられた
インターハイでの湘北高校と山王工業高校の試合と
その出場選手たちの回想シーンをもとに
それぞれの成長を描いています。

原作をリアルタイムで見ていた人も、見てない人も

両校の選手たちが、回想シーンで
それまで歩んできた人生を回顧し、
激しい試合を演じた
その原動力へとつながっていく。

原作を読んだ方であれば
両校の激しい試合については
既知のことではあると思いますし、
原作を読んでいない人でも
作品の世界に入って楽しめるのではないかと
私は見ていて思いました。

原作で数多く出てきた名言なども
あらためて見聞きすることで
心に響くものがあります。

いまの時代にも活きる、
SLAM DUNKが教えてくれた学びを
あらためて感じさせてもらえたように思いました。

タイトルとURLをコピーしました